みなさん こんにちは、kaoriです。今日は 日常生活の中で頻繁に起きる出来事、風邪っぽいなあとか、熱があるなあ なんて時に英語で表現したらどう言うんだろう?と言う疑問を解決します。

冬は特に風邪やインフルエンザが流行り、子供がいるご家庭では冬の健康管理が大変ですよね。

そんな今日は 風邪に関するフレーズとボキャブラリーを紹介します。

お役立ち ミニ用語集

  • I’m feeling a bit sick. ちょっと具合が悪いんだ。
  • You don’t look very well. 具合が良くなさそうね。
  • cold 風邪
  • catch a cold 風邪をひく

風邪はcold コールドで 風邪を引くことを catch =つかまえる、という動詞で表現します。

  • I have a high fever.  わたしは熱があります。
  • catch a flu.  インフルエンザになる
  • I caught a flu.  わたしはインフルエンザにかかりました。

英語ではflu = フルー と、インフルエンザを表現します。

  • tonsillitis  扁桃炎

 

 

  • お医者さん(大きな病院ではなくクリニック) General Practitioner 一般的にGP(ジーピー)と呼びます。
  • 小児科医 pediatrician (ペディアトリッシャン)
  • 炎症をおさえるくすり Anti-inflammatory (アンティ インフラマトリー)
  • 痛み止め painkiller (ペインキラー)
  • 熱冷まし Paracetamol (パラセタモー)
  • 解熱鎮痛剤 (パナドー) panadol 熱が出たら、まずはパナドール!という一般的なお薬。(パナドールは商品名です。)

 

お医者さん関連、風邪や熱について、グローバルキッズ養成塾の他のブログ記事ページもご覧くださいね。

今日は以上です。

それではまた次回まで!

どうぞみなさんも風邪やインフルエンザにお気を付けてお過ごしくださいね。

 

 

「家庭内で英語環境を作るコツはなあに?」

「どんな風に英語学習を始めたらいいのか分からないんだけど…」

とか、

子供英語を始めなくちゃ!という焦りだけが先走ってしまうあなた!

ぜひ、いますぐこのメルマガにご登録ください。

1日たった5分で、

今すぐに親子英語を始めるための工夫、

英語環境づくりのコツ、習慣づけのマインドセットが身につきます。

メール返信をいただいた方には、英語環境づくりのための習慣づけの応援グッズ(PDF)もプレゼント中。