おうち英語の単語&フレーズ集|「風邪ひいた」や「熱がある」ってなんていうの?

Last Updated on

みなさん こんにちは、kaoriです。今日は 日常生活の中で頻繁に起きる出来事、風邪っぽいなあとか、熱があるなあ なんて時に英語で表現したらどう言うんだろう?と言う疑問を解決します。

冬は特に風邪やインフルエンザが流行り、子供がいるご家庭では冬の健康管理が大変ですよね。

そんな今日は 風邪に関するフレーズとボキャブラリーを紹介します。

お役立ち ミニ用語集

  • I’m feeling a bit sick. ちょっと具合が悪いんだ。
  • You don’t look very well. 具合が良くなさそうね。
  • cold 風邪
  • catch a cold 風邪をひく

風邪はcold コールドで 風邪を引くことを catch =つかまえる、という動詞で表現します。

  • I have a high fever.  わたしは熱があります。
  • catch a flu.  インフルエンザになる
  • I caught a flu.  わたしはインフルエンザにかかりました。

英語ではflu = フルー と、インフルエンザを表現します。

  • tonsillitis  扁桃炎

 

 

  • お医者さん(大きな病院ではなくクリニック) General Practitioner 一般的にGP(ジーピー)と呼びます。
  • 小児科医 pediatrician (ペディアトリッシャン)
  • 炎症をおさえるくすり Anti-inflammatory (アンティ インフラマトリー)
  • 痛み止め painkiller (ペインキラー)
  • 熱冷まし Paracetamol (パラセタモー)
  • 解熱鎮痛剤 (パナドー) panadol 熱が出たら、まずはパナドール!という一般的なお薬。(パナドールは商品名です。)

 

お医者さん関連、風邪や熱について、グローバルキッズ養成塾の他のブログ記事ページもご覧くださいね。

今日は以上です。

それではまた次回まで!

どうぞみなさんも風邪やインフルエンザにお気を付けてお過ごしくださいね。

 

 

「家庭内で英語環境を作るコツはなあに?」

「どんな風に英語学習を始めたらいいのか分からないんだけど…」

とか、

子供英語を始めなくちゃ!という焦りだけが先走ってしまうあなた!

ぜひ、いますぐこのメルマガにご登録ください。

1日たった5分で、

今すぐに親子英語を始めるための工夫、

英語環境づくりのコツ、習慣づけのマインドセットが身につきます。

メール返信をいただいた方には、英語環境づくりのための習慣づけの応援グッズ(PDF)もプレゼント中。

 

おうちにいながらにして英語環境づくりが叶うアイテムを無料でプレゼント!
英会話教室に通ったり、高額な英語教材を購入しなくても、家でできることがこんなにある!
ライブラリーへのアクセスキーを入手したい方はいますぐ こちらからメールアドレスをご登録下さい。


関連記事

コメント

  1. お風邪ですか?
    小さいお子さんが、いらして、風邪をひいてしまうと、本当に大変ですよね。
    移してはいけないとか、ストレスも一杯になってしまいますね。
    どうぞお大事になさってください。
    ご家族みなさんが、お元気ですごされますように!
    辛い状況が一刻も早く改善されますように!

    • kaori@子供のための英語環境アドバイザー
    • 2012年 1月 17日

    >オーダードレスのアトリエ沙羅☆粕谷尚子さん
    粕谷さま
    暖かいお言葉をありがとうございます!
    今までの感覚ですと、風邪引いたらあったかくしてお布団にくるまって横になって、、、そんなイメージがありましたけど、こちらシンガポールでは毎日暑くて暑くて!
    暖かくしてっていう感覚はなんだか可笑しくって、どうしていいものやら(笑)
    何より大変と思うのは子供が小さい事ですね。
    一人だったらつらいときでもなんとかなるのですけれどね。
    本日お薬を頂いてきましたので、すぐに復活するかと思います。どうもありがとうございました。

英語で子供の明るい将来を描く 無料メール講座


ブログを購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

ピックアップ記事

  1. こんにちは。kaoriです。 今日は楽しいテーマについて書いてみようと思います。 今回の…
  2. こんにちは!kaoriです。 グローバルキッズ養成塾のブログを始めた時は 息子たちは二人とも小…
  3. 「子供の英語教育、いつから始めるのがいいのかな?」 これは、英語教育に関心の高いお母さんにとっ…

受講生の声

 

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!