無料LINEおうち英語講座

おうち英語 成功の7ステップ。プレゼントも盛りだくさん!

こちらから受講する

ディズニーランドと英語の関係|ホーンテッドマンションやディズニーランドが10倍楽しめる方法

英語子育て
この記事は約18分で読めます。

こんにちは。kaoriです。

今日は楽しいテーマについて書いてみようと思います。

今回のテーマは…… 夢と魔法の国、ディズニーランド。

あなたもきっと一度は訪れたことがあると思いますが、そこはとても楽しくてみんなが幸せそうで 夢のような空間ですよね。

2019年には家族で数年ぶりに日本に帰国し、その際ディズニーシーに訪れディズニーの雰囲気を四人で堪能してきました。

子供達もとっても楽しい思い出ができてその後もずっとその時の話をしています。

 

その際に私たち一家が訪れた時にも感じましたが、最近では東京ディズニーランドでは海外からのゲストが非常に増えています。

では、その英語事情はどうなっているのか、東京ディズニーランドとディズニーシーで、英語を使って楽しむことはできるのかについて見てみたいと思います。

日本のディズニーランドで英語? 対応してるの?

まず、東京ディズニーランドでは、英語だけでなく、中国語や韓国語にも対応しています。

日本語が苦手な夫も、日本語の読みもリスニングもまだまだの勉強中の息子たちも、ディズニーランドで困ったなという場面にはあいませんでした。

そもそも、誰かに話しかけて質問しなければならない場面では私が日本語で質問してしまうので、

スタッフがどれくらいの英語力があるのかというのは実際はわかりませんでしたが、

ディズニーランドのホームページには、

「東京ディズニーランドでは英語・繁体字・簡体字・韓国語のガイドマップをパークエントランス近くの「メインストリート・ハウス」にてご用意しています。

また、外国語を話せるキャストもいますので、お困りの際は「メインストリート・ハウス」へお越しください。」とあり、外国語のガイドブックももらえます。

https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/guide/langservice.html

 

我が家も英語と日本語のガイドブックをお土産にもらってきましたよ。

ディズニーランドに入るとき、「TODAY」と「マップ」のふたつをもらいますよね。

そのマップには、英語版や中国語版があります。もちろん無料ですので、夢の国にインするならぜひ記念にもらいたいところですよね。

(ちなみに”インする”というのは、英語の動詞としては正しい表現ではありませんが、和製英語/ディズニーランド用語で、インパーク =入園することを表します。

一方でアウトするというのはアウトパークの略で、ディズニーランド・ディズニーシーを出る事をこんな風に表現します。「さっきアウトしました〜♪」などと使われています。)

今回親子でディズニーにいくのは二度目でしたが、ディズニーランドもディズニーシーでも、英語版のガイドをもらってきました。

英語版と日本語版を並べてみても全く内容は同じく、英語版では何かが省略されているとか、日本語版にしかない情報漏れなどもなくちゃんとしたものですので、英語学習者(あるいは我が家のように日本語学習者)にもおすすめですよ。

日本語マップ(画像クリックでPDFが開きます)

L_map_1910のサムネイル

 

英語マップ(画像クリックでPDFが開きます)L_EN_map_1910のサムネイル

 

※ 公式サイトで、最新のマップがダウンロードできます。
https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/map.html

東京ディズニーランドはもちろん英語がわからなくても楽しめますが、英語がわかると、いろいろな“仕掛け“がわかってより楽しめる側面があるのは事実です。

10月といえばハロウィン!今の時期にはいつも以上に盛り上がるホーンテッドマンションをのぞいてみましょう。

ホーンテッドマンションで聞こえてくる英語

ホーンテッドマンションに行ったことがある方、多いと思いますが水晶玉の女性が英語を話しますよね。

この女性はマダムレオタ Madame Leotaと言います。

※ 画像はhttps://disney.fandom.com/ さんよりお借りしています。

Madame Leota は、一体 何を言っているのか聞き取れますか?

なんだか聞きなれない言葉が続く中でも「ハロウィン」という言葉だけは 明瞭に聞こえます。

これは、ハロウィンの時期ではなくても年中同じセリフを言っているんですね。

彼女がなんと言っているのかというと、

“Serpents and spiders, tail of a rat; call in the spirits, wherever they’re at!
Rap on a table; it’s time to respond. Send us a message from somewhere beyond…
Goblins and ghoulies from last Halloween – awaken the spirits with your tambourine!
Creepies and crawlies, toads in a pond; let there be music, from regions beyond!
Wizards and witches, wherever you dwell, give us a hint, by ringing a bell!”

マダムレオタが何を言っているのか知りたい!

蛇たち、蜘蛛たち、ネズミのしっぽよ、いずこから霊を呼び出せ!

テーブルを叩け、今こそ応える時。彼方よりメッセージを送っておくれ!
去年のハロウィーンのゴブリンや悪魔たち、お前たちのタンバリンの音で目覚めさせよ。

虫や池のヒキガエルたち、地の果てから音楽を奏でよ。

魔法使いに魔女たちよ、お前たちがどこにいようとも、ベルを鳴らして我々に知らせておくれ。

マダムレオタのセリフに出てくる英単語について

知っている言葉もチラホラ見える中、聞いたことも見たこともない言葉も出てきますね。

 

例えば

ghoulies とは邪悪なもの、ゴブリンや悪魔のような嫌な存在、日本語ではここで表現したくないようなもので(苦笑)、ケンブリッジ英英辞書にはこんな風に表現されています。
ghoul = an evil spirit that eats dead bodies

creepy-crawlyってなあに?

creepy-crawlyというのは気持ち悪い、地面を這うもの みんなが嫌うような虫たち 女の子が見たらきゃーっと言って逃げたくなるようなグロテスクな虫たちのことです。

ケンブリッジの英英辞書にはこのように記されています。

a small insect that gives you a feeling of fear and dislike

人々が怖がったり嫌ったりする小さな虫ということで、そんな虫たちやヒキガエルに対して マダムレオタが話しかけているんですね。

Hand vector created by freepik – www.freepik.com

wizard と witches  の違いとは?

wizardは男性=魔法使い  witch は女性=魔女です。

ハリーポッターを思い出した人もいるのでは?

ホーンテッドマンションの英語はイギリス英語?アメリカ英語?

ここで、ホーンテッドマンションて、イギリス英語なの?アメリカ英語なの?という疑問が沸きます。

イギリスには築数百年なんて建物がざらにありますし、歴史の深い英国ではホーンテッドな話もよく聞くので、ディズニーのホーンテッドマンションの英語も「イギリス英語かな?」と思いませんでしたか?私はそう思いました。

私も実はイギリスに住んでいた時、ホームステイ先がホーンテッドハウスじゃない!?という経験が何度かあるので(汗)、お化けといえばイギリスが舞台なのかという印象を持ちました。

でもじっくりよく聞くと、話されている英語はアメリカ英語です。

アメリカ英語のちょっとなまった感じですね。アメリカ人に言わせると、マダムレオタの英語アクセントはアメリカ南部の話し方が入っています。

そこに少し演技かかった魔女っぽい話し方、もったいつけている感じ、それがまた、ホーンテッドマンションの深遠さを演出しているかのようで私は好きです。

このマダムレオタの声は、エレノア オードリーさんという女優さんで シンデレラや眠れる森の美女などの声優さんとして名を挙げた有名人。すでにお亡くなりになっています。

このマダムレオタの音声が入ったオリジナルの音声と未使用のカットした場面も入ったYoutube動画(英語のみ)を発見したのでシェアします!

前半はホーンテッドマンションで流れる英語音声と全く同じですので、実際に聞いてみてください。

文字起こしを見ながら聞くとかなり聞き取れると思いますよ。

う〜ん ミステリアスですよね。

このテーマパーク内のホーンテッドマンションのアトラクションに、乗った時に夫に「なんて言ってたのかわかった?」と聞いたら、「聞き取ろうと思ったけど、楽しくてそれどころじゃなかった」と言われてしまい、あのガヤガヤした環境で何を言っているのかを聞き取るのは難しいみたいですね。

英語のMansion と日本語のマンションの違い

そもそも、ホーンテッドマンションというアトラクションの名前にもなっている「マンション」て、どういう意味なのかご存知ですか?

日本語では「私、マンションに住んでます。」とか「うちは高層マンションなんです」って一般的な対話に出てきますが、

英語でmansion  というと一般人が暮らせる住まいとは別格です!

意味は大邸宅とか お屋敷のことを言います。

なので、英語話者や海外の人と英語で話す場合、「マンション」と言う和製英語を言うときは要注意なのです。

日本語で言うところのマンション は、英語では apartment。

高級マンションを英語で表現するなら、 luxury apartment と言いましょう。

高層マンション と言いたいなら、high-rise apartment です。

じゃあ、英語でmansion と言ったらどんな建物のこと?

 

英語で mansion と言った場合のイメージはお屋敷、大邸宅、上記のお写真のようなこんな感じです。

ですので、英語のmansionの本来の意味は 日本人が使う「あなたも私もマンション住まい」と