今日見つけた素敵なコトバ「Don’t forget to Live」

Last Updated on

皆さん おはようございます!kaoriです。

今日は、みなさんとシェアしたいと思った 素敵な「気づきのコトバ」を紹介します。

生きることを忘れないで。

私ははじめ、高校を早く卒業して大学に行きたくて仕方なかった。

そして、大学を卒業して早く仕事をしたくて仕方なかった。

次は、結婚して子供が欲しくて仕方なかった。

そして、早く子供が育ち、仕事に復帰したくて仕方なかった。

そして、早くリタイヤしたくて仕方なかった。

そして、突然気がついたの。

私はすっかり「生きる事」を忘れていたってことに。

First I was dying to finish high school and start college.

Then I was dying to finish college and start working.

Then I was dying to marry and have children.

Then I was dying for my children to grow old enough for school so I could return to work.

And then I was dying to retire.

And now, I am dying – and suddenly I realize that I forgot to live. ~ Unknown

 

  •  Dying to ~ ~ したくてしょうがない。

なんだかはっとさせられる文章だと思いませんか?

 

いつも現状から逃げたくて、今の状況を変えたくて、

自分の足元を見ずに 隣の芝は青く見える、という生き方をしていないだろうか?

私は 今という瞬間をちゃんと生きているだろうか?

そんなことを振り返ることのできるquote でした。

 

特に子供が生まれてからしばらくは 毎日毎日大変で、

1日が終わる頃にはボロボロになっていました。

早く大きくなれ、早く学校が始まらないかと思っていましたが、

実際成長してみれば、

日々新生児を見かけると、「あ〜あんなにちっちゃな頃があったんだよな、

赤ちゃんだった頃がとっても懐かしいな。二度と戻ってこない時間が愛おしいな」

と感じる今日この頃です。

将来に目標や夢を見つけるのも大事です。でも先のことばかり見ていてはダメ。

将来のためにも、

二度と戻ってこない「今」を意識して大事にしよう、

そして子供と一緒に今日を思いっきり楽しもう、

そんな風に思える気づきの言葉でした。

 

それでは!また次回まで

おうちにいながらにして、スイスイ英語環境づくりができちゃうアイテムを無料でプレゼントしています!


英会話教室に通ったり、高額な英語教材を購入しなくても、家でできることがこんなにある!


全100ページ以上にも及ぶ教材が手に入るライブラリーへのアクセスキーを入手したい方は『いますぐ!』こちらからメールアドレスをご登録下さい。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

英語で子供の明るい将来を描く 無料メール講座


ブログを購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

受講生の声

 

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!