楽しく英語に触れてみよう!〜セサミストリート〜 【2020年版】

こんにちは!子供のための英語環境アドバイザー kaoriです。
今日は、家庭の英語育児にピッタリの無料教材、セサミストリートのサイトとYouTubeチャンネルをご紹介します。

セサミストリートは気軽にYouTubeでも見られるのですが、
今回は本家本元のセサミストリートのサイトの見方の説明も一緒にしたいと思います。

 

セサミストリートオフィシャルウェブサイト

トップページ 

上部の左側に3種類ボタンがあります。

ボタンは左から

の3種類があります。

この三つのコンテンツの中で特におすすめは やっぱり動画、特に歌です。
上部のVideoからは YouTubeチャンネルで見られる動画の数々が独自のカテゴリー分けをされています。

その中から我が家の長男が赤ちゃんの時に大好きだった曲、セレブリティが歌っていて莫大なビュー(億レベル!)を誇る人気動画、私のおすすめをご覧ください!

The Alphabet With Elmo

The ABC song

Everybody’s Song

Feist: 1 2 3 4

Counts to Five

Will.i.am Sings “What I Am”

上に紹介したDianaやFeistは私自身も好きなアーティストだったりするので、

何度も飽きるまで子供と聞いては口ずさんで来ました。

日常で英語の歌を口ずさんで楽しくからだを動かして、、、。
インターネットを通じたら、そんな環境がタダで簡単につくれるって素敵ですよね♪

sesame streetのウェブサイトには、歌以外にも多くのコンテンツが用意されています。

 

有名人がセサミストリートで歌う!再生リスト

ぜひブックマークしてお楽しみくださいね。

オフィシャルチャンネルでは、

自粛中の親子に、Fun At Home Activities!という再生リストを作成してくれてます!

ゲームコンテンツ

画像をご覧になってお分かりの通り、

セサミストリートのキャラクターが繰り広げるゲームの数はとんでもないほどたくさんあります。

これほど数多くのカテゴリーが用意されていますので、

お子さんの好き嫌い、好み、興味関心の有り無しによって食いつきもばらつきがあると思います。

無料でプレイできるのでぜひ色々試してみてくださいね。

animals, shapes, matching, sorting, numbers, alphabet….   いろんなコンテンツで盛りだくさんです!

 

Art  デジタル色ぬり&お絵かき

色鉛筆や絵の具のいらない塗り絵が楽しめます!

ピザのトッピングをしたりケーキのデコレーションを楽しんだり、チョークを使って黒板にお絵かきすることもできます。

個人的にはお絵かきは紙に自由に描くの好きですが こういった遊びも現代のキッズ達は好きなのでしょうね。お出かけ先や移動中のお供に、

ママにとっても子供達にとってもハッピーアイテムになりそうです。

Sesame Street art

 

2020年4月現在、セサミストリートでは、

新型コロナウィルスの影響により自粛している世界中の家庭の親子へのアプローチとして、様々なコンテンツがアップデートされています!

ぜひ気になる方はYouTubeオフィシャルチャンネルを登録してみてくださいね。

Sesame Street Youtube チャンネル

 

それでは、また次回まで!

フォローしてね

LINE登録&親子英語教材の無料プレゼントをもらう!

「初心者のあなたでも、今すぐ英語のインプット&アウトプットがおうちでできる」ダウンロード教材無料プレゼント中。

プレゼントの受け取り方法
①LINEでkaoriと友達になる
②リンクをクリックして「早期英語教育で描くこどもの明るい将来!無料オンライン講座」に登録
③ あなたのメールアドレスにプレゼントが送付されます。


LINEでは楽しく役立つおうち英語情報を配信中です!

    楽しく英語に触れてみよう!〜セサミストリート〜 【2020年版】” に対して2件のコメントがあります。

    1. 東子の夢 より:

      沢山ありますね~!
      息子が幼稚園から帰ってきたら、一緒に見させていただきま~す!

    2. kaori@子供のための英語環境アドバイザー より:

      >東子の夢さん
      コメントありがとうございます。
      お子さんの反応はいかがでしたか?よろこんでもらえたら嬉しいです☆

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください