無料LINEおうち英語講座

おうち英語 成功の7ステップ。プレゼントも盛りだくさん!

こちらから受講する

マザーズワーク~私の起業が成功した理由~

この記事は約4分で読めます。

マザーズワーク~私の起業が成功した理由~
という本を最近読みました。

[amazonjs asin=”4822241858″ locale=”JP” title=”マザーズ・ワーク”]


起業したい女性には強くおススメしたい本です。
すぐにその気になってしまう私は、この本をよんで、私にも絶対起業できる!と、確信してしまいました。
この著者、レベッカ マサイアスさんが事業を始めたのは第一子を妊娠中だったということで、その熱意に驚かされました。
初めての妊娠が起業のタイミング!?
私は、出産後の先の不安が先に立って何も始める気持ちにはならなかったなぁ~。とにかく、自分を信じて大きな目標に向かってどんどん突き進む。そしてあきらめない。

これによって、たった一万ドル(およそ100万円)で始めた事業を三億ドル(300億円)にまで会社を育てる結果となるのです。

私もこの著者、レベッカと同じように、子供を育てていても、それが足かせじゃなくて起業の強みになるし!きっと私にもできるはず!そんな風に思える、一冊でした。

このブロブにせっかく来て下さった方と、この本から得た知識を少しシェアしたいと思います。

これが何よりも大事でこれを守れば成功する法則。

事業で成功するための3つの単純な法則


☆大きな考えを持つ

☆焦点を絞る

☆絶対にあきらめない

 

また、彼女はこんな風に言っています。
母親になってその後、母性本能が働き始めた。
そして子供を守りたいという強烈な思いが生まれ、子供を手放すくらいなら自分の命をすぐに差し出せる、と。
そして同じ時期に始めた事業も生活を支配するようになる。



子供と事業を育てるのは共通点が多い。打ち込んでみると、喜びや思い通りにならないイライラや落胆がつきものであり、思いもかけない時に成長したり、完全に新しい水準に達したりする。

もしもあなたに子供がいるならMBAよりも事業を運営する能力が揃っているかもしれない。事業を始めるなら育児の能力を利用するのだ。

へ~、子育てはただ今奮闘中だけど、ビジネスも似たとこがあるのね~。
この著者は、自らの妊娠中に自分が困った経験を生かし、マタニティ スーツ、(妊婦さんが仕事着として着るスーツ)を販売するという通信販売を開始します。
事業が順風満帆に進んでいると思うと、次には大きく立ちはだかる困難が。
でも決してあきらめないで、常にアグレッシブに進み続ける彼女の起業家精神。すごいです。

 

この本では、もちろん精神論も語っているけれど、具体的にどんな風に事業を展開していったのか、手法も事細かに記載されています。
会社の社長をしながら、同時に家庭の母親である、という立場での『事業と家庭を両立させるための掟』という章は非常に参考になりました。

1 自分がやりたいからやっているという事を忘れない

2 スーパーマンではないので、地球上で人間が出来る以上の事をやろうとしない

3 罪悪感を持たない

4 手を借りる

5 時間をうまく使う

6 生活を管理すれば、事業がついてくる

7 結婚生活を大事にする

8 家事の水準を下げる

9 自分にやさしくする

10 人生は短い。楽しもう

 

 

 

7の結婚生活を大事にするというポイント。ナルホド。これを忘れてはいけないのですよね。
相手に事業を応援してもらえなければすぐにやめた方が良いそうです。
それは何よりも成功に欠かせないといいます。パートナーの応援と、お互いの支え合いが大事。

相手のための時間を作り、そして相手を精神面でのパートナーにする事、つまり、考え、問題、成果、希望、失望を共有する仲間になる必要があるのです。

自分がそばで支えてほしければ、自分も相手を支えなければいけないですよね。

家族を持つものとして、私にもずっしりくる言葉でした。

最後に、佐々木かをりさん(イー・ウーマン社長)も解説に書いていましたが、子育てしながら働くワーキングマザーは経営者に向いているといいます。

なぜなら、「タイムマネジメント」と「リスクマネジメント」に長けているから。仕事、子供とのコミュニケーション、料理、掃除、などなど「プロジェクト」を毎日マネジメントしているわけですから。

これらは会社運営に行かせるスキルだと言っています。

もしも起業をしたいけど、一歩が踏み出せないと思っている方、この本はきっと背中をポンっと押してくれる一冊になるはずですよ。

コメント