<記事公開日>2015/12/03
<最終更新日>2018/10/01

たった5分の英語アウトプット|超簡単なオススメあそび おにごっこ Play Tag 3歳~

みなさん こんにちは! 今日は、英語で子供と遊べる、簡単オススメの英語あそび、鬼ごっこの紹介をします。

合言葉を覚えたら、英語アウトプットも可能、体を動かしながらキャッキャと遊べる、楽しい英語環境づくりの工夫を紹介します。

鬼ごっこをしたことのない人はまずいないのでは?と思うほど、定番ですよね。

道具も時間も必要なし!5分あったら、親子で是非やってみてください。

子供と英語あそび Tag のルールと遊び方

kids-running-348159_640
鬼ごっこは英語でTag タグと言います。

人数:3人以上

対象年齢:3歳以上。一緒に遊ぶ子どもたちの年齢差があまりないほうがベター。

 

ルール:鬼を一人決め、他のメンバーは鬼につかまらないように走って逃げます。

鬼に捕まった人が、次の鬼になる。

日本でも同じルールの鬼ごっこで子どもたちが遊んでいますね。

 

場所:どこでもできます。できれば広いほうがベターです。

 

覚えて遊んで英語アウトプット!英語フレーズ

さあ、鬼ごっこしようよ! Let’s play tag! です

鬼  it イット。または、catcher キャッチャー

一生懸命走って逃げ続けていると、誰が鬼かわからなくなりますよね。

そんな時は、鬼はだれ? Who is it? と聞きましょう。

僕が鬼だよ! I am it!

鬼がつかまえる瞬間は 「Tag! タグ!」と叫びます。

 

you’re it! ユーアーイッ」  君が鬼だぞ〜!と一言付け加えると、

わかりやすいですし、鬼になった子の悔しさも増し、

より盛り上がりますね。

 

英語あそび Tag の応用編

Cops and Robbers/Police and Robbers

基本は鬼ごっこと一緒ですが、

Itは警察、その他はRobbers 泥棒になりきり遊びます。

一心不乱に逃げ回る遊びですが、

it オニ役の子が一転、警察という正義の味方に変わります^^

 

Chain tag

鬼ごっこ同様に開始します。

オニにつかまった人は、オニと手をつなぎます。

様々なバージョンがありますが、

そのうちの一つ。

オニが3人にタッチして、計4人になったところで、

2×2に分かれて、同様につかまえていきます。

逃げる側は、オニがどんどん増殖していくので

より逃げるのが難しくなりますね。

 

別バージョンは、オニにタッチされた人が

どんどん繋がっていくというものです。

まさにチェーンタグ。

どんどん人のチェーンが長くなっていくので

逃げ切れるのか!?逃げる側はスリルがあります。

上のどちらのバージョンもかなり盛り上がります^^

 

子どもとあそびながら英語を使うメリット まとめ

なんの道具も必要のない、ひじょうに単純な遊びです。

シンプルなのに飽きずに遊べてオススメです。

体を動かし、状況に応じたフレーズを発する。

楽しくて興奮している状態の時、ここぞとばかりに

英語フレーズを使ってみましょう。

ママ、パパが率先して英語を使えば、

遊びの中でお子さんも自然と口からでてくるはずですよ。

ぜひお試しください^^

 

英語を日々の生活に取り入れたいママは ぜひこちらもぜひ御覧ください。

 

【保存版】親子英語を始める前のママ必見|家庭の英語環境づくり&未就学児〜小学生

 

 

おうちで英語育児やってみたいですか?楽しく遊びながら、自然と英語を身に付けたいですか?

習慣づけるのが大変、何からはじめていいのかわからない、自分には無理…

不安や疑問が一つでもあるあなたはいますぐこちらのメルマガをご登録ください!

1日たったの5分で、英語環境づくりの工夫や、英語タイムを持つためのマインドセットがすんなり身につきます!

こちらからお名前とメールアドレスをご入力ください↓↓

英語を通して子供の明るい将来を描く方法!

* indicates required

こちらにコメントをご入力ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!