<記事公開日>2012/02/29
<最終更新日>2018/08/19

幼児向け人気&オススメ曲|となりのトトロ~さんぽ で超効果的な英語学習

こんにちは!kaoriです。

今日は子供たちが超大好きな歌の英語バージョンを紹介します。

楽しく英語インプット&英語アウトプットをおうちで簡単に取り組むことが可能です♪

それは一体なんの曲かというと……

きっとこの記事をご覧頂いているかた、全員がご存知のはず、となりのトトロのさんぽです!

 

 

我が家には、シンガポールに住んでいた時に購入したとなりのトトロのDVDがあります。

 

本来は、息子たちに日本語に触れて欲しいという思いで購入したのですが、

息子にとっては「さんぽ」英語バージョンの歌の方がしっくりくるようで、頻繁にこの英語の歌を口ずさんでいます。

 

長男が産まれてからよく子守唄に「さんぽ」のオリジナルを歌っていたので、

メロディーは既に彼の中に染み付いているようです。

 

正直に言うと、私は日本語バージョンが大好きすぎて、この、英語のシンガーの声が好きになれない、歌詞になじみがわかないというわがままな気持ちも若干ありますが、

子供たちが楽しく英語に触れる!という趣旨からは決してそれない、英語インプットにはもってこいの教材の一つと確信しています!

 

それでは、お楽しみください。

 

英語バージョン さんぽ 『Stroll』 オリジナルバージョン



 

こんなバージョンも 結構好きです。



 

 

Stroll(さんぽ)

Music: Joe Hisaishi
Lyrics: Severin Browne

 

 

Hey let’s go, hey let’s go! I’m happy as can be.

Let’s go walking you and me; ready set c’mon let’s go!

Over the hills, across the field, through the tunnel we’ll go.

We’ll run across the bridge, and down the bumpy gravel road.

Right beneath the spider’s web, ready set, let’s go!

 

Hey let’s go, hey let’s go! I’m happy as can be.

Let’s go walking you and me; ready set c’mon let’s go!

The foxes and the badgers too, all come out to play.

They all want to explore the deep and wonderful woods all day

Look at all my many friends, ready set, let’s go!

Look at all my many friends, ready set, let’s go!

 

単語とフレーズ

  • Hey, let’s go! さあ行こう!
  • I’m happy as can be  私は最高にハッピー!
  • Ready set go よ〜いドン
  • Over the hills, 丘を越えて
  • across the field, 野原を横切って
  • through the tunnel トンネルくぐって
  • run across the bridge 橋を見つける
  • bumpy gravel road でこぼこ砂利道
  • Right beneath the spider’s web クモの巣の真下
  • The foxes and the badgers too きつねとアナグマ(狸)も
  • explore the deep and wonderful woods 素敵な森の奥をたんけんする
  • explore 探検する
  • woods 森
 

みんなが知っていて、楽しい歌で、聞き慣れたメロディーのこの曲 さんぽ stroll。

難しい単語やちょっと複雑な表現がありますが、

日本語の歌詞を知っているからこそ、トトロの映画の中に出てくるシーンが頭の中でイメージができると思います。

たとえ歌うのは難しくてもこの曲を流して楽しみながらリスニング力を強化するもよし、

歌詞を見ながら親子で歌にチャレンジしてもよし^^

ぜひ 英語のトトロも楽しんでくださいね。

 


(左)北米版 (右)イギリス版

 

 

おうちで英語を楽しみたい、子供と遊びながら英語に触れたい、だけど何からどう始めていいのかわからないあなたは、今すぐこちらのメールマガジンにお申し込み下さい。

どうやって英語タイムを習慣化させることができるか、コツやマインドセットまで、1日たった5分で身につきます!

今すぐご登録を! ↓↓↓

 

英語を通して子供の明るい将来を描く方法!

* indicates required
    

コメントはこちらにどうぞ

  1. N氏 より:

    やばい!歌を聞いてたらトトロ見たくなりました。
    なんという影響力。めちゃくちゃ染みますね。
    しかし、ほんとにこの英語バージョンの歌ってる人、子供向けじゃない。。。悲しい。。。。なんでジブリの翻訳版って、声優さんがなんかやっつけなんでしょう。。。雰囲気もちゃんと生かしてほしいです。絵だけでも充分伝わるんですけどね。。。なんかなんかです。

  2. >N氏さん
    こんにちは!コメントありがとうございます。
    この曲聞くと、トトロみたくなりますよね!私も同感です!!^^
    ところで、英語のバージョンを歌っている方、私もやっぱりなじめないんですよね。ちなみに、ディズニー版のさつきの声がDakota Fanningでめいがダコタの妹、という設定がまたいいのか悪いのか。私には微妙です。

    私が思うにですね、「虫の声におもむきを感じたりとか、花見をして楽しめるとか、月見をしたりとか、、、」という日本人にしか分からない部分がアメリカ人には伝わらないから、ジブリの翻訳版はこうなるんではないか??と思うのです。(勝手な解釈で語ってしまいスイマセン 笑)

  3. toaki より:

    はじめまして(^^)
    ペタありがとうございました♪
    トトロを初めて英語でみた時は
    私も馴染みがなくて
    どうもしっくりきませんでした(笑)
    でも親が日常的に英語を使えない家庭にとっては
    いい教材になるな~と感じました。
    会話が盛り沢山で♪
    明日は一緒にトトロ見ようかな(*´∇`*)

  4. >toakiさん
    コメントありがとうございました、お返事がおそくなってごめんなさい!
    トトロはいい教材ですよね☆大人も子供も楽しめますしね!
    私たちの世代はやっぱりオリジナルのインパクトが強すぎて英語のトトロになじみにくいのかもしれませんね(笑)
    またお気軽にブログに遊びにいらして下さいね!

こちらにコメントをご入力ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!