今の私ができるまで 〜 私の幼少期 〜

Last Updated on

こちらのページまであなたにお越しいただけて とても嬉しいです。

ここでは、私 kaoriがどんな人間なのかについて あなたに知ってもらうために、過去を振り返りながら書いています。

今日は、私の過去、今の私がこんな風に生きているなったきっかけの出来事をもとに綴りたいと思います

 

『私 kaori はこういう人』 というベース、基礎となるものが出来上がったのは、

  • 私の生まれ育った環境
  • 他大勢と違う存在でいじめにあったこと
  • 小中学校時代に親元を離れて旅行をした経験

この3つだったと、今は思っています。

これらが今思い返せば、私の人生を決めるターニングポイントになったと思っています。

私が生まれ育った環境

私は1978年の春、新潟の小さな村に生まれました。

その小さな村にある小学校で、私の学年には「かおり」という女の子が4人もいました。

だから私は、小学校に上がる前から既に、名字+ちゃん付けで呼ばれ、

それは高校を卒業するまでずっと続いていきました。

それは保育園の先生が、みんなが間違えないようにと、

私につけてくれたあだ名のようなものだったんだけど、

他のかおりちゃんは、名前で呼ばれて、私は名字。。。

かおりという、なんと可愛い名前を親につけてもらったのに、

外ではkaoriと呼ばれたことのない子供時代を過ごしてきました。

「なんかかわいくないじゃん」と幼心に思っていじけていたのを記憶しています。

 

さて、その小さな村には2つの小学校があり、中学校はその二つの小学校が合わさって4クラスで構成されていました。

その村には、寄り道する場所などない、通学路は田んぼだらけの田舎です。

コンビニやスーパーなんて車が無ければ行けませんでした。

その反動もあったのでしょう。

私は外の世界に対する興味が、昔から非常に強かったように思います。

私にとって、いつもテレビや映画で見る、見知らぬ土地で、

私が日常使う言葉とは違う言語(主に英語)を話す人々の全く違う生活、文化、習慣、何もかもが興味の対象でした。

「いつか、字幕や吹き替えの助けなしに映画が見たいなぁ。」

「いつか、海外にお友達ができて、気軽にお話ができるくらい英語が分かったらどんなにすてきだろう。」

そんなあこがれをずっと持っていました。

 

そういえば、小学校高学年~中学頃だったかに、どこかで母が見つけてきた「海外ペンパル」を見つけるという郵便局か何かのプログラムに申し込み、

ニュージーランドとアメリカにペンパルを、見つけることができました。

 

あの頃は、家に帰って郵便受けを確かめるのをわくわくしていました。

日本の便せん封筒と全然違う肌触りの、異国のにおいがする、海外の切手が張ってある手紙。

あの 興奮とわくわく感は今でも忘れられません。
私はつたないけれど、一生懸命考えた英語で私の日常を書きました。
学校でこんなことがあったとか、今季節がこんなだから風邪引いたとか。
辞書と、英文手紙の参考書を何度も一生懸命ひきながら、何とか頑張って作った英作文。

果たして 当時、彼女たちには伝わっていたんだろうか?
でも今となってはそこはあんまり重要じゃありませんけど、

同い年くらいの女の子たちと 英語を使ってコミュニケーションを取れたことの嬉しさ、ワクワクが最高でした。

今になって当時の自分を振り返れば、感受性が豊かだった年頃のとってもいい思い出です。

そういう、自分のいる世界の外への強い興味や関心があったため、nhkラジオで英会話を聞き始めたのは、小学校中学年位だったと思います。

毎朝欠かさず聞いてから朝食を食べる。講座を聞きそびれるときはカセットテープに録音して後から聞き返せるようにしていました。

それくらい、小学生の頃から真剣に英語を学ぶ’意思が強かったのです。

見た目が、周囲の大勢とは違ったこと。一人で行動することでいじめにあったこと

私は髪の毛は非常に強いくせ毛、いわゆる天然パーマでした。

ちょっとしたくせ毛のクラスメートはいたものの、私ほどクルクルの髪の毛をした人は他にいませんでした。

へんなあだ名を付けられたりからかわれて、恥ずかしくて悔しくて、

なぜ自分は他の人と違うんだろう、なぜ同じに生まれなかったのだろうと、

何を恨んでいいのかわからないけれど、何か自分の力の及ばないところに強い恨みの気持ちを持っていました。

幼いながらに、自己否定が非常に強くあった記憶があります。
「あぁ、みんなと同じく、まっすぐできれいな髪の毛になんで生まれなかったんだろう、、。」

言った方は何も覚えていないかと思いますが、からかわれ、いじめられてきた私は
幼稚園くらいから高校生くらいまでずっと、自分の見た目を否定し続けてきたのです。

天然パーマだったこと、先生のお気に入りの生徒になってしまったこと、人と群れるのが苦手で一人でいることが多かったこと、

人とつるまない、一人行動が多い生徒。

どこに行ってもいじめの対象になりやすいんですよね。

電車を待つ間に、クラスメイトの男子からプラットホームで『めざわり!死ね!』と暴言を吐かれたこともありました。

あのときは、本当に本当に生きるのがつらかったです。

今となっては世界は広いことを知っています。

でも、当時は、高校が自分の世界のすべてでしたから。

お昼を一人で食べるつらさ、一人で帰宅する心細さ。

私が通っていた高校で起きた、びっくりエピソードがあります。
ある体育教師は、同級生で私みたいに天パだった女の子に向かって、

「お前、その頭は何だ!!!天パならそういう髪型していいと思ってんのか!?」と怒鳴りつけたことがありました。

その子は、特に目立つような髪型をしていたわけではありません。

あえていうならば、天パの上からヘアアイロンやストパーをかけることなく、自然なヘアスタイルのままで学校に来ていた。

そうなんです。

教師が言いたいポイントはみんなと同じになる事が集団生活では正しいことだということなんです。

みんな一列に並んで全体を見たときに、凸凹なく、みんながおんなじ格好でおんなじ見た目。

飛び出る杭は打たれる。

校則が厳しいその高校ではもちろん、「パーマをかける事は禁止」でした。

でも、天パの人がストレートパーマをかけて、その他多数のみんなと同じになる事は許されるんです。

パーマをかけるのが悪なのは、その他多数とは異質な存在となるから。

集団の中で異質な存在である「天然パーマの生徒」がストパーをかけて、その他多数と同じくなることは良しとされるのです。

思春期まっただ中の私には、疑問ばかり、反抗したい事だらけでした。

でも、ずっとそれを押し殺してきたのです。

理屈はわかっても本心では理解できないような出来事が、何年も何年も私の頭の中でモヤモヤし、考え、悩み、

なぜだ?なぜだ?と答えを探し求め、今の私の人間性を形成していったのかもしれません。

旅と私について

思春期には上記のような暗くつらい出来事が起きた暗黒時代はありましたが、

私は小中学校時代はリーダー的な役割をやる事が多かったように思います。

その流れで小学校の高学年、夏休みには2年連続で北海道に船の旅を、

中学校ではリーダーシップ研修なるものに参加しました。

親元を離れ、その小さな土地を離れ外に出た事。

学校の同級生以外の友人ができ、自分を新たに発見できた事。

それは一層、私が外へのあこがれを募らせるきっかけとなったとも言えます。

また、高校一年生の時に初めて体験した 海外英語研修でも

やはり親元を離れて異国の地で人と触れ合い交流する中で

私の中にもともとあった好奇心や関心の要素がうずくような体験をしたのです。

それは、まだ見ぬ将来の自分がどうなりたいか、どうありたいかを構成するために欠かせない経験だったと思うのです。

おうちにいながらにして、スイスイ英語環境づくりができちゃうアイテムを無料でプレゼントしています!


英会話教室に通ったり、高額な英語教材を購入しなくても、家でできることがこんなにある!


全100ページ以上にも及ぶ教材が手に入るライブラリーへのアクセスキーを入手したい方は『いますぐ!』こちらからメールアドレスをご登録下さい。


関連記事

コメント

英語で子供の明るい将来を描く 無料メール講座


ブログを購読する

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

受講生の声

 

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!