グローバルキッズ養成塾|英語育児のなんでも質問箱

このページでは、家庭で英語育児を行うにあたって

頻繁に聞かれる質問について回答していきます。

 

気になる項目を、下記の「目次」からクリックしていただくと

ページ内のその質問項目に飛びます。

 

さらに読み終えたら、ページ右下の「このページの先頭へ」をクリックすると

目次へ戻りますので ご活用ください。

 

「バイリンガル育児」のバイリンガルってどのレベル?

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s
近年では「バイリンガル育児」という言葉が流行り、

わが子をバイリンガルに育てる、といった使い方が一般化しているようですね。

 

バイリンガルという言葉については、私のブログ記事で以前紹介しましたが、

バイリンガルの定義は、

二ヶ国語の両言語を同じ程度流暢に、「読み」「書き」「話す」ことができることだと、

私はこれまで解釈してきました。

 

もしそれがバイリンガルの定義だとすると、

日本の環境の中でバイリンガル育児に取り組み

2ヶ国語を同等レベルまでに引き上げるのは本当に大変です。

 

例え我々のように海外に住んでいたり、親が国際結婚した夫婦であったとしても、

子どもを2ヶ国語の完全バイリンガルにするのは

相当な努力と時間と忍耐が必要です。

 

ところが、昨今ではバイリンガルの定義が変わってきているようですね。

 

たとえ、どちらかの言語が強く、もう一方の言語の力が弱い場合でも、

あるいは、2カ国語を使って会話ができる程度の場合でも

バイリンガルと呼ぶことがあるようです。

 

おそらく、日本で頻繁に使われている「バイリンガル育児」という言葉の認識は、

「英語で会話できるレベル」で使われているのでしょう。

 

英語育児では、どのレベルを目指したらいい?

footpath-691021_640
英語育児に取り組む親御さんが、子どもに期待する英語レベルは

どれくらいなのでしょうか?

 

子どもが将来、どうなることを目指しているのかにもよりますが、

私個人は、

「母国語と同レベルの英語を読み書き話せるようになる必要はない」と考えています。

 

日本にお住まいのご家庭で、ご夫婦ともに日本人でいらっしゃる場合は、

ネイティブのような自然で流暢な英語を話したり

BBCテレビのニュースキャスターが話すような

正しい英語目指す必要性はありません。

 

まず、英語で人と会話ができる意思疎通を図るための会話ができるレベルと

その心構えができるというところを目指すと良いでしょう。

 

我々のように、英語の非ネイティブが話す英語は、

美しい発音やイントネーションや正しい文法よりも

「相手とコミュニケーションが取れるか」が重要視されます。

 

「自分が言いたいことが相手に伝わるか」

ここを目指すためには、

実は 中学英語の復習で十分以上。

 

たとえ英語を使うビジネスシーンであったとしても、

英語ネイティブ同様の発音やイントネーション、

複雑な言い回しやユーモアを解する英語力が

必ずしも必要とされているわけでもありません。

 

英語スキルよりもむしろ、

間違いを恐れないための心構えやチャレンジ精神、

学びたい、知りたいという好奇心の方が

英語コミュニケーションスキルを上げるためには重要だと、

私は捉えています。

子どものうちに英語に取り組むといい理由は?

9869260ce6920c13c2fc78ef2adee9d0_s

英語がきっかけとなり、世界が広がる

英語をきっかけとして、

異文化や多様な価値観に触れることができるようになります。

 

例えば英語の絵本を読むことで、

日本では味わえない外国の日常に触れることができます。

 

例えば、英語独自の表現を学ぶことで、

日本語との違いに触れ、

ものの見方が広がって行きます。

子どもの感性が磨かれる

生活の中に英語を取り入れれば、

子どもの感性にいっそう磨きがかかります。

 

例えば、生活の中で英語の語りかけをすることで、

表現方法は様々で、言語も一つではないことに気づく。

 

天気や季節の変化について 英語で声をかける。

 

英語の歌を聞きながら、リズムや音をシャワーのように浴びる。

 

このような取り組みで、子どもの感性に一層磨きがかかることでしょう。

子どもに自信がつく。自分の表現方法を学べる。

英語に触れる時間を楽しめたとか、

子どもが何か初めて出来たことに対して

親や先生が上手にタイミングよくほめることで

子どもに自信がついてきます。

 

この自信は、

チャレンジ精神を持ち、努力することを学ぶのに

とても必要な礎となっていきます。

子どもは語学の天才

幼少期の子どもが語学を開始する大きなメリットの一つは

楽しく見聞きし、遊び、歌い、その中で自然に言語が身につく

柔軟性を持っているところ。

 

語学学習の際に

子どもが母国語(日本語)を自然と身につけるのと

同様の方法を活用できるのも、幼少期の特徴です。

母国語を習得するように自然に、そして楽しく

大人になってから私たちが外国語を学習するには、

相当な努力が必要です。

一方子どもたちは、

自発的に、そして自然に学習できるという特徴があります。
  • まだ日本語を習得している段階で、その習得方法と同じように英語を身につけられると気づくと習得が早い。
  • 未就学児であれば、まだ家庭でお母さんと共に過ごす時間がたっぷりあり、英語タイムを習慣付けやすい。
  • 子供が好きな遊びや楽しいことを英語と組み合わせ、英語タイムを導入しやすい。
(参考)こちらのサイトも参考にどうぞ

ブリティッシュカウンシル(英語)

BabyCentre(英語)

英語学習の臨界期について

人が生まれてから最初の臨界期は、

生まれて一歳の誕生日を迎える前に訪れると言われています。

それは詳しく言うと、生後10ヶ月。

それまでの間に

「L」と「R」の音を聞くか 聞かないかによって、

その人が一生「L」と「R」の音の区別を聞き分けられるかどうかが

決定づけられてしまうと言われています。

これは英語に限ったことではありません。

イタリア語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ポルトガル語など

数々の言語で、LとRは似ても似つかない

全く別の文字、音として話されています。

 

ラリルレロという音声しかない、

私たち日本人が、成人してから外国語を学ぶ苦労は

各国の人々にとって全く理解されないのが

もどかしいところです。

 

英語の th の発音に関しても、

「サ行」でも「ザ行」でもない、舌を使った特徴的な音です。

 

それらは、日本語と英語(各外国語)との大きな違いの一つですね。

 

話を戻すと、赤ちゃんには、外国語の音や響きだけでなく、

オーケストラなどいろいろな音を聴かせると良いと言われています。

 

このように言われるのは、

この年齢の赤ちゃんの耳や脳の発達と音が大きく関わっているからですね。

 

その後に訪れる臨界期は、

ちょうど日本でいう小学校に入学する時期の7〜8歳頃。

 

その臨界期と呼ばれる時期までに

より多くの英語の音に触れることによって、

自然と遊びや歌、語りかけから自然と英語を吸収し

習得することができるのです。

 

その臨界期を超え、

小学生以上になって英語を始めて学ぶ場合は、

効果的な習得方法や教える側のアプローチが違ってきます。

 

幼い子ども特有の耳の柔軟性、吸収力、

そして母国語を学ぶように英語も自然と学べる、

それが、子どものうちに英語に触れるべき理由であり、

「学習を始めるのは早ければ早いほどいい理由」なんですね。

 

幼少期に英語をやるデメリットはある?

9b94ca13f943cbeacd26f2d996e9b994_s
子どもが幼いうちに外国語を学び始めるのに良いことはあっても

子どもの発達上のデメリットはないと言われています。

 

しかしながら、幼い頃に英語を始めると

子どもに良くない影響があるのでは?という

心配の声もあがっています。

 

早期英語教育を心配する声はどんなものがあるでしょうか。
  • 英語と日本語がごちゃまぜに混乱し、日本語が身に付かなくなるのでは?
  • 英語(英米文化)かぶれになって、日本人としての文化や作法をないがしろにしてしまうのでは?
 

まずは、頭の中で混乱するのでは?という疑問から。

結論から言うと、2ヶ国語(以上)の環境を与えても、

子どもは頭の中で混乱したりしません。

 

なぜかと言うと、

子どもの頭の中では自然と日本語と英語を切り替える力があるから。

 

その切り替え能力は、

生まれてすぐに備わるという研究結果もあるほどです。

 

オーストラリアで我が家行きつけのベテラン小児科医の先生も

私にこんなコメントをしてくださいました。

家庭で2ヶ国語で育児をする場合は、

きっちり 日本語タイム、英語タイムと区切りをつけ、

その間は、2ヶ国語をミックスしないこと。

そこに気をつければ、子どもは複数の言語を聞いても混乱しませんよ。

とのことです。

それから

英語に触れることによって英米文化かぶれになり、

日本の文化や作法がないがしろになるのでは?について。

英語や外国語文化に触れるということは、

海外の文化や価値観に触れるということです。

 

子どもの視点や物の見方が多角的になる良い事例です。

 

日本語ではいただきます、ごちそうさまと言いますが、

英語にはそれに当てはまる言葉はありません。

 

その代わりに、食前にお祈りをする家庭は多いですね。

 

例えば、英語圏でくしゃみをしたら、近くにいた人は Bless you,  といい、

あなたは  Thank you! といいます。

 

くしゃみも、日本語なら、「ハクション」というところですが、

Achoo アチュー と言います。

動物の鳴き声も、特徴的です。

日本語では猫はニャーニャーですが 英語では meow meow! (ミーァウ)

ニワトリはコケコッコーと言いますが、

英語では cock-a-doodle-doo! (クッカドゥールドゥー)と言います。

 

日本では青信号と言いますが、

英語ではgreen lightと言いますね。

 

私たちはどこに住んでいようとも、同じ「人間」なのに、

どうして物事が違って見えるのか、違って聞こえるのか?

どうしてだろうね!面白いね!

そんな風に、言葉を通じて、子供たちに物事を多角的に見る力がつき、

さらには感性も磨かれていくのです。

 

また、日本の外の文化や価値観に触れることにより、

一層、日本の良さや特徴を見る目が養われることも間違いありません。

そもそも英語を学ぶ必要ってあるの?

2fcc10d6c265f5a9f8461396f3bddfff_s
日本という国は島国であり、「一民族、一国家、一言語の日本」と言われています。

(琉球やアイヌ等の先住民族に関しては、ここではあえて割愛させていただきます。)

 

そんな日本ですから、

国内の環境は意識をしない限りはほとんど日本語に限られ、

日本人が外国語を学ぶというのは特別なことという感覚が根付いています。

 

しかも現代の日本では、日本語が話せることで

生活や仕事の上で困る状況に陥ることはほとんどありません。

 

ですから、子どもが英語を学ぶことの意味を見出すのは

親御さんにとって難しいケースがあります。

 

しかしグローバル化が加速する今。

 

これからの時代を生きる子どもたちは、

英語の能力が必須となると言われています。

 

英語を使えるという能力に加え、

英語を学ぶ=様々な価値観、考え方を受け入れる土台を作るきっかけとなるのです。

なぜ英語なの?それは 英語が、最も便利で世界で話されているから

「中国語」や「スペイン語」ではなく、なぜ「英語」なのか?というお話です。

英語という言語は、

イギリス、アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、南アフリカ共和国、フィリピン、シンガポールなど、

なんと約80もの国や地域で話されている言語です。

英語を母語として話す人口が、5億3000万人。

第二言語として英語を話す人口は4億にも上るといいます。

ざっくり計算しても10億人以上が使用している言語です。

human-668298_640
それに対して、日本語を母語とする人口は1億3400万人。

 

単純に考えても、英語を理解できれば、

世界中の9〜10億の人々とのコミュニケーションが可能になるということです。

 

これらの数字からもわかるように、英語をマスターしておけば、

他の言語に比べてその先応用が利かせやすく

万能ツールとも言えるかもしれません。

 

英語が理解できれば、人々との交流も、メディアから得られる日々のニュースや、各国の情勢も、

映画やドラマなど楽しめるエンターテイメントも、

洋書でのみ出版されている文学作品も、

あなたが英語を使うことで格段に増えるということです。

 

この視点からしても、やはり「英語が人生をより豊かにする」と言っても過言ではありません。

 

 

英語の力が、広い世界への扉を開いてくれるパワーを信じ、

ぜひ親子で英語に取り組んでみて欲しいです。

外国語を学ぶのは特別なことじゃない!

私のスイス人の友人は、イタリア語、ドイツ語、フランス語、英語を話せますが、

格別すごいことという意識がないようで、

その子どもも、英語、イタリア語、フランス語を4歳にして操っています。

過去4年間住んだシンガポールでも2ヶ国語以上を話す国民が多く、

バイリンガル教育を幼稚園や保育園で行うのが当然とされていました。

 

私の経験上、言語と身を置く環境の関係性は非常に強く、

環境が整えば子どもはどんどん言語を吸収するものだと身をもって知りました。

英会話教室 vs 家庭での英語育児

745668dac97914c8ffb6d069679af8a4_s
子どもが英語を始めるなら、

やはり英会話教室に通ってネイティブの先生に習った方がいいのでしょうか?

それとも家で英語育児をする選択肢もありでしょうか?

もし家庭で英語を教えるとして、

日本人の親がやれる英語で、子どもにとって果たして十分なレベルなのでしょうか?

そのような不安が頭をよぎると思います。

英語を習うなら、ネイティブの先生が一番か?

英語ネイティブの先生に、ネイティブの発音で

正しい英語を学ぶのが一番手っ取り早いと思うのは自然なことです。

でも現実的に考えてどうでしょうか?

週一回一時間英語を習いに行くのと

家で毎日お母さんがちょっとずつ英語タイムで遊ぶのと、

どっちが効果的だと思いますか?

英語ネイティブ信仰について

日本人と「英語ができるできない、誰に習うか」という話をするときに、

頑なに囚われている価値観があります。
  • ネイティブのようにカッコよくペラペラ英語を話せる人に憧れる!
  • 英語を習うなら、絶対英語ネイティブのアメリカ人かイギリス人。
  • 子供に英語を習わせるなら、先生はネイティブで英語圏出身が絶対条件。
私自身、学生時代から現在に至るまで、

英語コンプレックスに苛まれた日本人の

こういったコメントを嫌という程聞いてきました。

これらの考え方は、非常に偏っていると私は感じます。

 

私が20代前半の頃 東京で通っていた英会話教室では、

アメリカの一流大学・大学院を優秀な成績で卒業した

授業のうまい中国人講師やインド人講師をおさえ、

イケメンアメリカ人講師が一番人気でした。

 

ガラス張りの教室は、生徒がどれくらい入っているのかを

講師同士が見えるようになっており、

人気講師とそうでない人の差が一目瞭然だったのです。

 

これが日本の現実、そして日本人の価値観なのだな、とその時思ったのです。

 

正しい英語=ブロンドで青い目のアメリカ人が話す言葉

という妙な既成概念が日本人にはあって、

英語を習うなら、英語ネイティブじゃないとダメ!というこだわりも

そのあたりから生まれてきているように思います。

家庭で英語育児をすると決める

英語にコンプレックスを持つ人が多いとはいえ、

実は私たち日本人は、英語の知識はとても豊富で

頭の中にきちんと備わっています。

 

中学から高校卒業までの6年間、

英語の基礎を積み上げてきているからです。

 

学生時代に我々が習ってきた英語の基礎はとても大事で、

その知識がないと上に積み上げられないものばかりです。

 

「我が家で楽しく英語環境づくり」をするには、

過去私たちが経験してきた、暗記や文法を重視した

英語の学習方法を忘れて、まっさらな状態でお子さんと一緒に

リスタートと考えると、非常に英語育児がうまくいきます。

 

子どもに英語環境を導入する方法は、

楽しめるやり方が本当にたくさんあるのです。

英語に自信がない、と言わずに、

パパママの中に今ある英語の知識や記憶を

引き出しながら

子どもたちと楽しい英語時間を作ってみてください。

家庭で親が子どもと英語をするメリット

子どものことを一番わかっているのは親であるあなたです。

我が子は何が好きで、何が得意で、何をしているときに夢中になれて、

ご機嫌が悪くなったときの対処法も全てを把握しているのがママです。

ネイティブの英語の先生にここまで我が子を理解してくれなど到底求められません。

 

また、英会話教室と比べてみてください。

ネイティブの先生が相手になってくれる、

週一回や二回の英語レッスンをする頻度を考えると、

我が家で我が子と一対一で、しっかりと向き合って英語に取り組むことができるので

英語育児はかなり大きなメリットがあります。

一週間に一度、一時間を繰り返すよりも、

毎日、たとえ短時間でも継続する方が断然力になります。

家庭でできる英語育児、10〜15分をちょっとずつ

好きなことを楽しく毎日できるところが

家庭での英語育児の一番のメリットです。

親が英語コンプレックスでも英語育児はできる?

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s
私も含め、昔 学生時代の英語が苦手だった人は少なくないと思います。

私が自分の過去を振り返った時、

学校の英語と言えば、毎朝行われていた英単語テストに追われて

電車で必死に丸暗記していたつらい記憶が私の脳裏に蘇ってきます。

私たちが中学校一年生から学校で習ってきた英語は

学ぶべき学習内容としては決して間違っていないと、

英語圏で生活をしていて体感しています。

親が子どもに英語で話すことについて

英語育児、バイリンガル育児のキーワードで情報を見ていると、

「親は子に対して英語で積極的に話したほうが良い!」という信念のもと、

頑張って英語育児に取り組んでいる方々が多数いる反面、

「親が英語ネイティブじゃないならば

子どもに英語で語りかけしてはいけない」という人々もいて、

その双方がぶつかった賛否両論のやり取りを

目にすることがあります。

 

英語ネイティブではない親は英語を話すべきではないという意見をお持ちの方々は、

間違った英語や、なまりの英語を話すことで、

子どもの英語習得に悪い影響があるのでは?というのが

懸念の一つのようです。

 

それでも、日本を離れ、英語圏&非英語圏の各国で12年以上暮らし、

海外での出産育児を経てきた私の意見は、

「自信を持って親が英語を積極的に話すべき!」です。

 

自分自身の経験と、インターナショナル色が濃い周囲の環境から

体でそう感じ取ってきたからです。

 

家庭での英語環境作りにとって

ママやパパの英語以上に効果的なものはない!のです。

なまりのある英語に触れても大丈夫?

shutterstock_238145182
 

美しく癖のないネイティブの英語を聞くと同時に、

なまりのある英語に触れることも、実は大事です。

 

グロービッシュという概念があるほど、

今や世界の共通語、世界標準語という地位を築いているのが英語です。

 

日本語では通じ合えない相手と

なんとか理解し合える方法はないかというシチュエーションを想像してみてください。

 

あなたやあなたの子供がが話すであろう相手は、

アメリカ人やイギリス人、オーストラリア人などの

英語ネイティブスピーカーであるとは限りません。

 

将来お子さんが触れるだろう英語は、

間違いなく、

世界各国の人々とコミュニケーションをとるための道具=英語なんです。

 

インド訛り、スペイン訛り、フランス訛り、ドイツ訛り、ロシア訛り、中国訛り、韓国訛りetc…

 

様々な国出身の人々と、アクセントのある英語で会話をすることになるでしょう。

 

我々日本人の多くが話す英語も同様に、独自の訛りがありますよね。

 

それを恥ずかしがる必要はありません。

 

相手もあなたも、共通語である「英語」を使って話をしている。

 

英語ネイティブスピーカーのように、ペラペラ話すレベルを目指す必要はないのです。

 

日本語なまりの英語を恥ずかしがらない

時に自分の英語を恥ずかしいと思う感覚が、私たち非英語圏出身の人々にはあります。

 

私の友人のスイス人は、

「自分の訛った英語を恥ずかしいと思うなんておかしいわよ。

自信を持って話せばいいの。

私たちには母国があって、その上で英語を話しているんだから。

どの国の訛りもチャーミングよね。」と。

 

私は、それをチャーミングと思えるその感覚がとても気に入りました。

 

正直、目が覚めた思いです。

 

確かに、何を恥ずかしがることがあるのでしょう!

 

彼女のおかげで、それ以来

これからは、「自分は日本から来て、日本語を母国語として英語も話すのだ。

自分の訛りも、相手に通じるのであればチャームポイントって思うようにしよう!」と前向きになれました。

世界のバイリンガル育児の現状。

中国語と英語とマレーシア語で子育てをしているファミリー、

タガログ語と英語で子育てをしているフィリピン人ママ、

イタリア語と韓国語と英語を取り入れている息子の同級生ファミリー、

フランス語、イタリア語と英語が飛び交うヨーロッパ出身のご近所さんファミリー…etc

私の近しい人々を見ただけでも、たくさんのケースがあります。

その、どこのご家庭でも、親の母国語を大切にしながらも、

皆さん子どもに対して 共通語の英語でも話をします。

 

「そんなの、国際結婚だったり海外在住なら、

日本の環境とは全く違うじゃないか!」と

もしかしたらお思いになるかもしれませんね。

 

でも、「英語がネイティブ並みじゃなければ英語を話すべきではないのか?」

という論点に戻れば、どの家庭も共通しています。

そう。英語を話すことを恐れる必要はないのです。

子どものイントネーション&発音は修正が効く

時に親が子供に間違った発音で話してしまうことが

子どもにとってどれだけ悪影響があるのでしょう?

 

未就学児のお子さんに英語で語りかけをしたり

英語で遊ぶ時間を取ることで、

子どもの将来にどんな不安をもたらすでしょう?

 

どうか 心配しないでください。

たとえお母さんの英語にアクセントやなまりがあったとしても、

お子さんは今後も「あなたの英語のみ」に触れて一生過ごす訳ではありません。

 

長い人生を考えると、あなただけが子どもの英語の先生ではないのです。

 

この先 あなたのお子さんが触れていく英語は、

テレビや映画、ネット動画などの様々なメディアを通じたものから、

英語ネイティブ、非ネイティブの方々とface to face で話すような場面など

いろいろ想定されます。

 

お子さんの語彙力や発音、

イントネーション、ボキャブラリーやスラングなど、

取り巻く環境に影響を受けていくのです。

 

我が子二人は、シンガポールにいた時はシングリッシュを、

オーストラリアに引っ越してからはオージーイングリッシュを、

ものの数ヶ月でマスターした様子を見て、

子どもの柔軟さを体感しています。

 

オーストラリアの小学校に入学後、半年もしないで、

我が家の次男は学校の担任の先生と全く同じオージー訛りの英語を話すので、

思わず笑ってしまうほどです。

コトバは生きているという考え方

2010年、生まれて初めてシンガポールに降り立った私は、

英語さえ使えれば問題ないだろうと甘く見ていました。

 

その当時、2010年以前まではメルボルンに住んでいたため

オーストラリア人の話す英語に慣れていました。

 

ところが、その当時の私はオーストラリア人により伝わるよう

意識して文法や発音に気をつけて話しても

生粋のシンガポール人には通じないことに気づいたのです。

 

相手に通じないのは、なぜなのかが分からず、

明確にアメリカ人ぽくリエゾンに意識して発音してみたり、

文法をより正しくしようと意識してみたり、

いろいろ試したにも関わらず、あまり意味のない努力に終わりました。

 

相手に通じない、相手の言っていることがわからないことで

ショック期があり、話すことが怖くなった怖気づいた時期があり、

そのような時を経て、より地元に馴染む努力を始めました。

英語をよりシンプルにし、地元の人々が話すシングリッシュに耳を傾け、

中国語なまりの英語の特徴を真似するようにしました。

そして、シンガポール人の使うスラングを話すようになりました。

 

そこから、相手にすごく親しみを持ってもらえるようになったのです。

 

たくさんの現地の友達もできました。

 

英語は道具であるとともに、生きている、と実感したのです。

 

教科書通りの間違いのない英語を話すことだけが正しい英語ではないんですね。

 

当時のシンガポール政府は、

シングリッシュではなく、正しく美しい英語を話すことを国民に推奨し

運動してはいましたが、

実際はそうそう教科書どうりにはいかないものです。

 

やはり、その土地土地で、現地の人々に話されているコトバが生きたコトバであり、

それを使えるようになった時、

ようやく外国人である私が現地の人に受け入れてもらえたんだ と実感したのです。

どうしたら英語育児に成功する?

b2376f5af4215078147f30758698ac9b_s

目標を立てる大切さ

バイリンガル育児に取り組み、長きにわたり英語を継続し、

そして結果を出すためにはどうしても避けて通れないのは、

日々の取り組みをコントロールしているママやパパにとって、

英語育児の目標がはっきりしているかどうか、です。

英語習得には目標も大事。だけど目的を見失わないで…

目標が大事であると同時に、学習の目的も大事です。

 

英語を習得する長距走の途中地点で、

子ども英検◯級、など数値目標が入るのはメリハリがつき

とても良いと思います。

 

むしろ、短中期の目標を立てた方が効果的に学習をし続けられるでしょう。

 

しかし気をつけて欲しいのは、

決して「英検のための英語学習」「英語のための英語学習」になってはいけない

ということです。

 

また、「英語は話せたほうがカッコイイから」という親のエゴを満足させる目的でもよくありません。

 

英語は手段であり、英語自体が目的になってはならない、という点は揺らいではいけないと思います。

このように、目的が曖昧な英語育児は、

だいたい途中で迷子になって

挫折してしまうパターンが多いのです。

 

まずはお母さんの中にある、

『今の段階での』目標を掲げてみることをお勧めします。

 

もちろん、子どもの成長とともに目標は変わっていくものですから、

思い立った時に軌道修正は大いにあり!で大丈夫です。

あなたにとって 子ども英語の目的は?

私が考える「英語を学ぶ目的」は、

様々な側面で「人生をより豊かにするため」。

英語は、そのためのツールである、と思っています。

 

あなたはどうでしょう?

もちろん答えは一つではないはずです。

 

それぞれのご家庭の、それぞれの目的を探してみてくださいね。

 

その目的ができるだけ明確であればあるほど

的確な目標を見つけら、

そして結果に表れてくるはずです。

 

そして、子どもには

言語を身につけること、学習すること自体の喜びや幸せを体感させてください。

 

点数や級を稼ぐこと、お勉強をしたからご褒美をあげるという方法をとると、

いずれ「学ぶことに対しての報酬がないとモチベーションが保てない」子どもになってしまいます。

 

何かと引き換えにお勉強するという癖を幼少期に身につけると、

学ぶことの意義を自ら見出せない大人になってしまいます。

 

新たな学びや発見があり、それが心から嬉しいと思う経験は

子どもにとって一生続く、学びの姿勢を作る、とても大切なポイントです。

 

英語教材に頼りすぎない

現在、世の中にはとても高額な子ども向け英語教材が溢れています。

英語育児には英語教材を使ったほうがいいのでしょうか?という質問を数多くいただきます。

 

その教材と子どもとの相性が合い、それを継続して使っていければ

答えはもちろん Yes!ですが、

 

子どもとママがその教材を好きになれなければ Noです。

 

 

「英語教材を買わずに、家でもできることはあるのでしょうか?」

という質問に対しては、

「はい!ご家庭でできることはたくさんあります!」とお答えしています。

 

家庭でできる英語育児のネタを探しているのであれば、

選ぶポイントは『毎日できるかどうか?』これに限ります!

 

そしてどんどん親が英語に関与していく姿勢を忘れないでください。

英語タイムを楽しむ

何をするにしても、どう取り組むにしても、

子どもが英語タイムを楽しんでいるかどうか?

また、親御さんにとってその英語タイムが無理のないものかどうか?

その、上手な英語タイムを習慣づけできるかどうかが

英語育児がうまくいくかどうかの分かれ道です。

我が子の性格や好きなことを存分に活かしたテーマの、

好きなこと探しがうまくいくと、

子どもにとって英語タイムが苦労せずに習慣づくでしょう。

英語の環境づくりができるかどうかが

英語育児に成功するかどうかにかかっている。

 

英語育児をうまく進めるために大事なのは、

1目標がある

2楽しむ(無理をしない)

3継続する

この三つです。

タダで使えるものを使い倒す根性を!

便利な世の中になり、インターネットで様々なサービスを無料で使える時代となりました。

 

代表的なものは、英語翻訳サービス、音声読み上げ機能、

YouTubeなど動画サイト、海外の教育ゲームサイトなどです。

 

子ども向けの英語ネタをインターネット検索する際、

日本語から離れて、英語で検索をする癖を少しずつつけてみてください。

 

たったこれだけで、今まで知らなかった世界への扉を開くこととなるでしょう。

 

1つの例ですが、

kids educational game free とグーグルに入れてみましょう。

 

グーグルの検索結果(クリック)

 

無料で遊べる 知育ゲームがずらっと出てきます。

 

このように、ママが英語の「検索力」をつけることで、

いきなり英語育児のネタのバリエーションが増えていくことになります。

 

このように、英語の検索力をつける癖をつけてみてください。

すると、ママの頭の中も、英語で物事を考える癖がちょっとづつ養われていきます。

 

下記に、代表的なネットサービスをいくつか紹介します。

グーグル翻訳サービス

グーグル翻訳サービス

Screen Shot 2016-06-13 at 18.33.09

グーグル翻訳サービス、各国の言語が選べますし、

単語も文章も音声読み上げサービスもあるためとっても便利です。




ウェブリオ 英和和英辞典&翻訳サービス

英和和英辞典はこちらです。

Screen Shot 2016-07-24 at 10.17.20

翻訳サービスはこちらです。Screen Shot 2016-07-24 at 10.17.37

翻訳サービスは、和英、英和両方あり、音声を聞ける他、音声をダウンロードすることもできます。

Cambridge Dictionary

ケンブリッジ ディクショナリー オンライン

こちらは、かのCambridgeの英英辞典オンライン版です。

発音が、アメリカン英語とブリティッシュ英語の両方が聞けるので、

発音に困った時はせっかくですので両方聞いてみましょう。

ほぼ発音が同じ単語から、全然違う風に発音するものまで、

「へ〜!そうなんだ〜!面白いなぁ」という気持ちで比較してみるのもおすすめです。

また、 「今日の単語」や「ブログ」「グラマー」など、

辞書機能だけれない バラエティに富んだコンテンツが用意されているので、

英語という言語をより深く学びたい方にはとってもおすすめサービスです。

英語育児、何からスタートすればいい?

c081e45d8bd710fba7db3c2de7f4d3d4_s
 

子どもが未就学児であれば、

遊びや歌、日常生活に密接に結びつける方法から英語タイムをスタートすると良いでしょう。

例えば、

家庭内での語りかけ
英語絵本
英語の歌
英語の手遊び
海外のアニメ
英語の動画
英語のアプリ(スマホやタブレットなど)

 

選ぶ際の目安は、

子どもが食いついているか、夢中になっているか、

笑顔が見られるか、笑っているか、ママにとって無理がない方法か、

これらを基準にしてみてください。

 

赤ちゃんが生まれてから

朝から晩までお母さんと過ごす日々の生活の中で

使われる言語=日本語は自然と習得されます。

 

誰も、0歳から鉛筆とドリルをもたせて

一生懸命日本語の読み書きを教えていないはずです。

 

まずは親が話しかけることで子どもに聞く力が付き、

そして、生後1〜2年ほど経つと

子ども自らが、

言葉を一生懸命話そうとする姿が見られるようになります。

 

言語を自然と習得する際のプロセスは、

「聞く」、「話す」、そして「読み」、「書く」

という順番です。

 

子どもたちがひらがなの読み書きをする段階では、

もうかなりの日本語力が備わっているはずです。

 

幼いうちに英語育児をするというのは、

日本語習得の手法を、そのまま英語にも置き換えるということです。

 

英語を生活の中に取り入れてお母さんが語りかけをしたり

一緒に英語のゲームをしたり、

英語のアニメを一緒に見たり、英語絵本の読み聞かせをすることで、

英語を母国語同様の手法でそのまま吸収し自然と習得することができる年齢なのです。

 

英語環境を作る時の注意点

shutterstock_422501794
幼い子どもたちに「英語環境を作る方法」に関して

注意した方が良い点があります。

 

例えば親が無理に子どもを英語漬けにしようとして、

時間さえあれば英語のDVDをかけっぱなしにして

長時間、子どもだけを画面やデバイスの前に座らせておく方法はよくありません。

 

子どもが健やかに成長するためには欠かせない、

「運動能力」「社交性」など、公園でお友達と遊びながら

身につける機会を奪ってまで英語づけにしてはいけません。

 

また、英語に力を入れるあまり、

大事な母国語の習得、日本語力を高めることを怠ってはいけません。

 

子どもが小さいうちにちゃんとした日本語を学ばせろ、という意味ではないです。

 

親子が絵本を読んだり、会話をしたり、一緒に遊んだりしながら

子どもの心に寄り添ってください。

 

お母さんが一番自分を表現できる言葉で

愛情を込めたコミュニケーションをいっぱいとってください。

 

まとめ。英語苦手なママも英語育児に自信をもって!

baby-17342_640

おうちで英語をやるなら、これだけは忘れないで!

ママ、パパが英語の発音に自信がないとしても、

「これ」さえ忘れなければ英語育児に失敗しません。

それは、お母さん・お父さんも我が子と一緒に英語を学んでいこう!という姿勢です。

 

親は子に英語を教える教師の立場である必要はなく、

ともに学び英語を身につけていく −

単語の意味や発音でわからないことは、

その場で一緒に調べながら一緒に学べば良いのです。

 

親御さんも、子どもと英語を学ぶことが、

これからの将来のために無駄になることは100%ありません。

 

一緒に学べば一石二鳥か、三鳥も期待できるかもしれません。

英語の発音は、確かにスタート地点では難しいと感じることが多いでしょう。

 

でも、「家庭で英語を使ってみよう!」と思い立ったのは

とっても素晴らしいことなのです!

 

家庭ではぜひ 積極的に語りかけしたり、英語の歌を聴いたり英語の遊びにトライしてください。

 

DVD、CDやテレビをかけて英語に触れさせるのと同時に、

ママ パパの英語もたくさん聞かせてください。

 

私たち親が子どもに今できること、今だからこそできることは

我が子の手を取り英語の世界へ誘うことです。

 

より広い世界へ目を向ける きっかけを作ることです。

私たち親がやっていることは、

子どもたちが新しい世界、英語への興味を持つための種まきなのです。

 

子どもが幼いうちに異文化の習慣や考え方に触れる機会を作る。

 

それができれば、子どもの将来にとってかけがえのない財産になるのです。

 

今は、目の前にそびえる跳び箱を飛ぶための

助走を始めようとしているところなのです。

何より大事なのは、英語環境づくりと継続

db4431f26a8b0ca3e40fd23c1e853618_s
家庭で子どもが「英語」に触れる環境を作り、

 

子どもの可能性を信じてください。

発音や文法の間違いがあっても、

長い人生これから発音やイントネーションを直せる 機会はいくらでも訪れます。

まずは家庭で英語環境づくりを!

そして日々継続すれば、それに勝るものはないのです。

 

グローバルキッズ英語クラブ

グローバルキッズ養成塾では、

家庭で英語育児を行うママたちをサポートする

グローバルキッズ英語クラブを開講しています。

 

子どもを一番よく知っているママだからこそ、できる

家庭で気軽に、1日15分ちょっとした隙間時間でできる、

子どもが楽しいと思える英語育児ネタ満載です。

グローバルキッズ英語クラブの詳細はこちらです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
modal close image
modal header

Xmas is coming!

We wanna celebrate with you that xmas is almost here and so we are offering you this special gift. Go and download it!

default

modal header

Xmas is coming!

We wanna celebrate with you that xmas is almost here and so we are offering you this special gift. Go and download it!



Download

modal header

Do you want to build a snowman?


 

modal header

modal header

modal header

modal header

modal header

Xmas is coming!

We wanna celebrate with you that xmas is almost here and so we are offering you this special gift. Go and download it!



Download

modal header

modal header

Xmas is coming!

We wanna celebrate with you that xmas is almost here and so we are offering you this special gift. Go and download it!



Download

modal header