boy-791362_640こんにちは!今日は、ボールさえあればどこでも遊べる英語の遊びを紹介します。

 

これは、息子たちの空手教室で、レッスン終わりに遊ぶゲームの一つです。

昔からあるゲームの一つです。英語ではPoison Ball ポイズンボールと言います。

日本のいわゆるドッジボールで、2チームにわけて大人数でも出来るし、

外野と内野だけでシンプルに遊ぶこともできます。

ゲームは非常にシンプルなので、やっている間は、全編英語!というルールを付け加えてもいいですね。

 

ゲームに必要なもの

  • ボール(ビーチボール、ヨガボールなど柔らかいものだと小さな子供でも遊べますね。)
  • スペース(広すぎず狭すぎず。できれば外が良いが、屋内であればボールが当たっても大丈夫な場所がおすすめ)
  • 人数は3人以上(多ければ多いほど盛り上がります。)

ゲームのルール

枠の中と外に分かれ、外にいる人が中にいる人にボールをあて、children-310582_640

中の人は当たらないように逃げます。

ボールに当たった人はゲームオーバー、枠の外に出ます。

最後まで線の中に残った人が勝ち!

人数に決まりはありませんが、外野1人〜、内野が最低3人以上だと盛り上がりますね。

 

ゲームで使えるフレーズ

  • No screaming! No yelling!  ゲーム始めのルール説明。叫ぶのは無しだよ!
  • Let’s get started. さあはじめよう
  • Be careful! 気をつけて〜
  • Are you ready? 準備はいい?
  • Run run run! 走れー!逃げろー!
  • Here you are. どうぞ ボールを渡すときなど。味方同士の会話。
  • Good shot! There you go! グッドショット!やったね!
  • That was close! 危なかったぁ〜。もう少しのところだったね。
  • You are good! すごいじゃない!
  • You are out! 君は外だよ。ボールにぶつかったよ。

 

まとめ

スペースとボールさえあればいつでもできる遊びです。

これを機に、あなたのご家庭でもこの遊びを「ポイズンボール」と命名して、日常の遊びに組み込んでみてはどうでしょう?

Let’s play poison ball !!