こんにちは!子供のための英語環境アドバイザー kaoriです。

引き続き、私の過去を振り返る事で、私がどうしてこういう人間になったのかを綴っています。

 

今日のテーマ、私の20代について。

私の20代はどんな時代だったかというと…

今思うと20代前半の私は、無謀で世間知らず。

例えるなら、、、石橋をたたいてわたるという、有名なことわざがあります。

石橋を爆走でわたり終わった後に、気づいたらあら?後ろに橋があったんだ みたいな感じとでも言いましょうか。

おそらく、ちょっぴり(いや、相当)変わり者だったと思います。

幼少期から高校時代まで、自分をずっと目立たないように抑えてきたストレスが

一気に解放されたのが、私の20代でした。

 

大学時代の私

私は高校を卒業して一年浪人時代をおくり、地元を離れて大学に入りました。

学部は、名前からして自分の興味あることが勉強できそう!という単純思考で、

国際コミュニケーション学部、文化コミュニケーション学科を選びました。

しかも、文系学部なのに、センター試験の数学で入学。

高校時代は、英語や国語よりも数学が得意でした。

今になると、技術者とかエンジニアになる勉強をしてた方がよかったのかなぁ、などと後悔に近い感情に苛まれる事があります。

ほんの時々ですが。

私が大学で学んだこと。留学の夢を叶える

今でも後悔していないのは、この大学で学んだ異文化コミュニケーションという分野。

今の私に相当つながってきています。

大学の在学中は、私の長年の夢がかなって英国への留学を果たしました。

応援しサポートしてくれた両親には大感謝です!

私の英語力でもなんとかホストファミリーやほかの留学生たちと交流し、異文化体験を楽しんで来ました。

留学先では、社会学、ソシオロジーという分野を学びました。

エッセイに追われて辛くてストレスのある日々。

でも、なんとか無事に留学も終え、何物にもかえ難い、私の財産となる一年を終えました。

就職活動の始まり。苦しみから得たこと

留学から戻ったのが大学3年後半。

いよいよ就職活動本番の時期がやってきました。

周囲の焦り、プレッシャー、

なんだか分からないがこの波に乗らないとヤバいんじゃないか?

そんな不安が襲ってきました。

私たちが卒業する頃はちょうど、就職氷河期真っ只中。

周囲の流れに乗って就職活動を始めてみたのですが、どうもこうも私にとってしっくりこない。

新卒募集をしている企業のリストを眺め、業界ごとに絞って眺めても、どこからどうスタートしていいのかさっぱり分からない。

いや、働きたくない、ってわけじゃないのです。

ただ自分が本当に何をしたいのか、ハッキリしてないあの苦しさ。

どこに進みたいという明確な夢もなく、あこがれの企業がある訳でもなく、結局は周囲に流された形での就職活動。

うまく行くはずがありませんよね。

試しにエントリーしては見たものの、面接に行き着くこともありませんでした。

例え面接になっても、こんな私が何を語れたでしょう?

周囲には、片っ端からエントリーシートかきまくって「数うちゃナンとやら」 と いうことをやっている人、少なくはありませんでした。

むしと、そういう活動をすべき、という雰囲気が流れていました。

何しろ就職氷河期の真っ最中。

入れてくれる企業があったらそれだけでありがたい。

そこでどんなに辛くても3年は頑張る!

そんな言葉もよく聞きました。

だから、なおさら、私のモヤモヤは単なるわがままなのではないか?

自分にもっと厳しくならないと、、、。そんな風に思い込ませようとしていました。

自分で納得してからじゃないと動けない私は、実際に説明会や合同説明会、就職セミナーに行ってみたところ

なんだか場違いなところにいるような違和感に耐えられなくなり、「これは一旦 就活中止!!!」と決意しました。

周囲には本当にそれでいいの?手遅れになるよ?とさんざん言われました。

こうだと決めたらてこでも動かない私は自分で思った方向に進むことにしたのです。

就職活動中に悩みに悩み、選んだのはインターンシンップという道

悩みに悩んで、私が選んだのが「インターンシップ」

大学生のインターンシップを斡旋してくれるNPO法人で、何と就職の決まっていない大学4年生の私を、ある企業に紹介してくれました。

ここでの半年は私の働くことに関しての意識を根底から変えたのでした。

ここで得た経験で、私は今まで見失っていた自分の方向性が何となく見えて来たこと、そして起業という道があるということを知り、なんだか生まれ変わったようになりました。

とある、大手のフィアッションサイトを見ていて、ふと目に留まったのが、

各社持っているウェブサイト上の求人情報。

リクナビなどの就活サイトにはのっていない企業(または、費用の問題で載せることはできないけど人材は欲しいという会社)は、

実は星の数ほどあるということ、

求人を出している企業を自分の手で探すことも不可能ではない、ということを発見してしまいました。

世間知らずの私には大発見でした。

じゃあ、私が興味ある中小企業、特にベンチャー企業に就職したいと思ったら、どうやって出会えばいいの?

就職活動の王道を歩いていたら、ベンチャー起業との出会いの場は、もしかしてないのだろうか?

リクナビ(その他大手)以外で就職活動をする方法はないものだろうか?

そこで私の起こした行動はというと、

海外に拠点があり日本が本社、または日本に支社があり海外が本社の、

アパレル関係の企業リストをみつけ、片っ端からしらサイトに訪問し、

人事・求人情報を見つけてはメールしたり履歴書を送ったりするという突飛な行動でした。

海外と日本の橋渡し的な仕事ができそう!そんな単純なイメージが私のエネルギー源でした。

常識のある大人が当時の私をみたらバカ!とおっしゃったでしょうね。

そんな効率の悪いことをして。。

新卒採用をやっている企業は、それに則したアピール方法を行っているはずなのです。(今思えば 笑)

こんな方法で効率が悪いのは分かってはいたのですが、なんとかなるかもしれない、

見習いインターンシップでもいいから潜り込めないか?という期待からそんな大胆な行動に出ました。

案の定、ほとんどの企業は「今募集しておりません」、とか、

「新卒は受け入れておりません」という無難な答えだったのですが、

なんとそんな中でも一社面談に進んだ企業がありました。

某、世界的に有名なデザイナーの海外営業ポジション。

いやー嬉しかった嬉しかった!!履歴書を見てポイっっ!とできたであろうに、

私のような若造にあう時間を作ってくれた人事の女性がいたのです。

そのときに同時に面接にきていた、あのキャリアウーマンばりばりの女性たちのイメージが今でも忘れられません。

当然そこには採用されませんでしたが、なんだかものすごくいい経験をして『無職に変わりない』のになんか達成感すらありました。

おばかですけどね。

そういう無謀な活動をする中、結果は出ずも自分の方向性を見つけ始めていました。

そう、私はベンチャー企業に強い興味を持ち始めていました。