みなさん こんにちは!kaoriです。

今日はお子さんにおすすめ英語絵本、3〜6歳向けの紹介をしようと思います。

 

赤ちゃんが生まれて2歳くらいまでは、どちらかといえば絵本選びのポイントは、

色や感覚を重視したモノ、読んだ時の音の流れや感覚、

赤ちゃんの視覚を刺激するような本

素材を触って感じる本が多いように感じます。

では、3歳〜のお子さんが興味を示す英語絵本にはどんなものがあるのでしょう?

 

私たち親子が読んだ本はこれまで数えきれないのですが、

その中でも今日は、私たちが実際に読んだ本や購入して気に入っている本を紹介します。

 

3~6歳向け 英語絵本の選び方の目安

親子の会話が成立し、物事をより深く理解し始める3歳頃から小学校に入学する前程度のお子さんには、

解りやすいストーリーや明確なメッセージのある絵本を選べると良いですね。

想像力、創造力、読解力を身につける本、

感受性、情緒、社会性を培う本、著者のいろんなメッセージがつまってます。

 

選び方の目安としては、一ページの文章量で見る方法が一つ。

ぱっと見で文章量が3行〜5行ある本ですと、一冊読むとボリューム感があります。

 

絵本の場合、パラパラと絵を眺めるだけでストーリーがどうなるかも想像できます。

又、子供の感性でイラストの雰囲気や色合いが好きかどうか、子どもと手にとって一緒に見れるとベターです。

 

 

3~6歳 初心者〜中級者おすすめ絵本

Eric Carle シリーズ

the very hungry caterpillarでおなじみのエリックカールシリーズは、初心者向けでおすすめです。

大胆でワイルド、色使いも素敵なイラストが満載のエリックの絵本たち。

感受性の豊かな子どもたちにとって、絵本の年齢制限などありません。

0〜1歳くらいから7歳くらいまで存分楽しめるでしょう。

今回は、the very busy spider を紹介します。

 

文章のボリュームは 各ページの文章数は、平均的に3つ程度です。

英語が苦手なママ、パパでも気負いせず読めるレベルですね。

 

IMG_2372

 

表紙は、いっぱいに描かれたくも。

足にたくさん生えた毛、真っ赤な体に緑の顔。

何が起きてるのかじっと周囲を見つめているようなまんまるの目が描かれています。

巨大な蜘蛛が表紙に描かれているので、ずっとそこにフォーカスが当たるのと思いきや、、、。

IMG_2373

(クリックして拡大すると見えると思います)

なんとくもの糸がモコモコペンで描かれたような、ツルツルにぽこぽこに盛り上がっています。

IMG_2374

細く、なめらかなくもの巣をこんな風に表現できるんだな〜と私は感心&感動しました。IMG_2375

くもさんがくもの巣を紡ぎ出します。

 

IMG_2376

 

表紙ではあんなに大きなくもだったのに、そのくもが体の何十倍もあるサイズのくもの巣を、

そしてもっと大きな動物たちが「くもさん、あそぼぉ〜っ」て次々にお誘いにやってきます。

IMG_2377

 

隠れ脇役のハエさんの羽と体もツルッツルです。

IMG_2378

こうして、くもを誘いに来る動物たちに、ハエさんいつもまとわりついているんです。

IMG_2379

 

でも大忙しのくもさんは誰のお誘いにもなびかず、一生懸命にくもの巣を紡ぎ続けた結果。。。

 

IMG_2381

夜には見事な美しいくもの巣が出来上がります。見逃しそうだけど、各ページのくもの表情に変化があって面白いですよ。

表紙ではドヤ顔のくもが、一生懸命くもの巣を作っている時は愛らしい表情をしています。

IMG_2380

[amazonjs asin=”0241135907″ locale=”JP” title=”The Very Busy Spider”]

Eric Carleさんのシリーズは、超おすすめです。

[amazonjs asin=”0805047905″ locale=”JP” title=”Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?”]

[amazonjs asin=”0694013013″ locale=”JP” title=”From Head to Toe Board Book”]

[amazonjs asin=”0698115635″ locale=”JP” title=”Today Is Monday”]

[amazonjs asin=”0887081770″ locale=”JP” title=”Papa, Please Get the Moon for Me (World of Eric Carle)”]

[amazonjs asin=”0064431622″ locale=”JP” title=”The Mixed-Up Chameleon”]

[amazonjs asin=”0064434508″ locale=”JP” title=”The Grouchy Ladybug”]

[amazonjs asin=”0805053883″ locale=”JP” title=”Polar Bear, Polar Bear, What Do You Hear?”]

[amazonjs asin=”0689822464″ locale=”JP” title=”Pancakes, Pancakes! (World of Eric Carle)”]

 

次に紹介するのは、大きな赤い犬のクリフォードです。

Clifford the Big Red Dog

この本は、我が家の長男が初めて一人で音読を始めた時に読んでいたシリーズです。
彼のお気に入りの一冊、Clifford Goes To Dog School
IMG_2382 (1)
このシリーズは、大きな真っ赤な犬、クリフォードと、その飼い主のエミリーちゃんによって楽しくてクスっと笑ってしまうようなエピソードが繰り広げられます。IMG_2383 (1)
易しい英語で書かれていますので、一緒に読むお父さんお母さんも読みながら、楽しんでください。
IMG_2384 (1)
ストーリーもさることながら、見ものはクリフォードの豊かな表情です。
楽しい時、怒っている時も、困っている時、いたずらっ子な表情の時など、
子供に語りかけながらストーリーを読み進められます。IMG_2385 (1)
[amazonjs asin=”0545215773″ locale=”JP” title=”Clifford Goes to Dog School (Clifford, the Big Red Dog)”]
[amazonjs asin=”0545215781″ locale=”JP” title=”Clifford the Big Red Dog (Clifford, the Big Red Dog)”]
[amazonjs asin=”0590442791″ locale=”JP” title=”Clifford’s Birthday Party (Clifford the Big Red Dog)”]
さてお次はこちら。
Airport Playtownシリーズ  Dan Green
こちらのプレイタウンシリーズは、図鑑のようなフラップ絵本です。
このタイプの本はもっと低年齢向けが多いと思いがちです。
ですが、このプレイタウンシリーズは6歳〜7歳程度まで楽しめる構造になっています。
単にボキャブラリーを増やすための図鑑ではなく、
モノの作り、仕組み、役割や関係などを楽しいイラストと共に深く理解することができます。
IMG_2386
我が家の息子たちは大の飛行機好き。
この本も長男が6歳になった後に購入しましたが、飽きずに繰り返し繰り返し読んでいます。
IMG_2387
IMG_2388
空港で働く人、空港の仕組み、空港にあるサービス、人の流れなど、すべて見ることができて
IMG_2389
飛行機のドアをぺらっとめくると、、、?
クルーのお仕事が垣間見れます。
IMG_2390
飛行機にはこんなにたくさん種類があるけれど、この大きな飛行機はIMG_2391
郵送物を運ぶ飛行機ではこんな風に人々が働いているんだって。IMG_2392
ボキャブラリーを増やす目的と、さらに社会科見学のような意味合いも含む、このプレイタウン。
日本でも入手できるのでおすすめです!
[amazonjs asin=”031251803X” locale=”JP” title=”Airport (Playtown)”]
[amazonjs asin=”0312517378″ locale=”JP” title=”Playtown”]
[amazonjs asin=”0312519125″ locale=”JP” title=”Construction (Playtown)”]
[amazonjs asin=”1783412518″ locale=”JP” title=”Farm (Playtown)”]

3~6歳 中級者〜上級者おすすめ絵本

ここでは、中級者〜上級者おすすめ絵本を紹介いたします。

3〜6歳の英語ネイティブのお子さんが読んでいる人気絵本や、実際の書店でオススメしていた本です。

まず1冊目は

IMG_2398

私の4歳の息子がすごく気に入って何度も何度も読んでいるこの一冊。

母と子のありがちなやりとり、母の愛が描かれています。

 

IMG_2399 IMG_2400 IMG_2401

私は、何度読んでも、気持ちを入れると涙が出てきそうです(涙)

美しい色合いの空がいろんな顔を見せてくれるところ、優しそうなママの表情、ママとはぐれた雲ちゃんの不安そうな表情。

子どもたちはいつも感情移入しちゃいます。

文章のボリュームがあり、ボキャブラリーも聞きなれないものもチラッとでてくるので、

英語の絵本を多読されているお子さんに是非おすすめです。

[amazonjs asin=”9814398276″ locale=”JP” title=”Little Cloud Wants Snow”]

 

次のオススメは Chester シリーズ

うちの長男が、図書館チラッと読んでだいのお気に入りになったこのチェスターシリーズ。

メラニーワットは女性作家で、人気シリーズにScaredy Squirrelがあります。

 

チェスターは人懐っこい太っちょ猫。

絵本の中でメラニーとのユーモア溢れるやりとりが、息子のツボにはまったようです。

メラニーの作成した絵本に、赤ペンでチェスターがいたずら書きをしていくんです。

それに、ポストイットでコメントを付け足していくメラニー。

その二人のやりとりが、ボケツッコミみたいな、兄弟げんかみたいな感じで微笑ましいのです。

日本人とは若干違うユーモアのセンスに触れられて、絵本で異文化体験できちゃいます。

[amazonjs asin=”0007270186″ locale=”JP” title=”Chester”]

[amazonjs asin=”1554534615″ locale=”JP” title=”Chester’s Back!”]

[amazonjs asin=”1554535662″ locale=”JP” title=”Chester’s Masterpiece”]

 

 

まとめ

今日の紹介絵本はすべて、私たち親子のお気に入りです。

実際その手にとってみて、読んでみて、笑って、ワイワイ親子でお話ししながら楽しんでください。

 

現在では、アマゾンでは試し読みができ、さらにKindleオンラインならその場で購入し、即読むこともできますね。

 

本は、紙独特の良さ、実際手に取ってめくる良さもありますが、英語絵本で英語育児を目指す場合はKindleなどオンラインで可能なことを存分に活用し多読を目指すのも一つの手だと思います。

 

まだまだオススメしたい本はたくさんあるのですが、それはまた次の機会に。

 

それでは次回まで!