こんにちは!kaoriです。

Screen Shot 2015-08-26 at 13.00.25今日のレビューまとめは「えいごであそぼプラネット」です。

えいごであそぼといえば、NHK教育テレビの子ども向け長寿番組です。

20年以上前に始まったと言いますから、

非常に長い歴史を持つ番組なんですね。

 

さらに、この教材はNHKと旺文社が共同で企画制作しています。

教育分野で名をはせるの2社の強力コンビ。それを聞くだけでも、クオリティも効果も期待できそうですね。

それでは、詳しく見てみましょう。

 

えいごであそぼプラネット の口コミ・レビューまとめ

価格 学習内容 教材構成
  • BEAのきけたよコース 48,600円
  • BOのいえたよコース 48,600円
  • セットコース 91,800円

 

  • えいごペン 12,960円
  • 「えいごであそぶ」がテーマの楽しい教材が盛りだくさん。
  • 20年以上放送し続けている「えいごであそぼ」から生まれた幼児向け英語教材セット
  • 英語に親しんで興味を持ってもらうのがコンセプト
  • 一度で全てが届きます。
  • DVD
  • CD
  • 絵本
  • ソングブック
  • 音のでるペン
  • 音のでる絵本
  • アクティビティブック
  • えじてん
  • ゲームブック
  • ゲームカード
  • ゲームシート
  • 大判タッチシート
  • ポスター
  • ぬいぐるみ
  • 使いこなしブック
  • セットコース特典教材
対象年齢 フォロー/サポート 効果
 0~6歳
  •  三年間無償保証制度あり。
  • えいごペンは購入後一年間のメーカー保証あり。
  • 教材の遊び方や活用方法の相談窓口 フリーコール、メール窓口あり。
耳作りecalic024_007

会話力ecalic024_010

内容の充実度 お値段|お手頃感 続けやすさ
ecalic024_004 ecalic024_007 ecalic024_010
手軽さ/気軽さ 子どもの反応 親の反応
ecalic024_001 ecalic024_004 ecalic024_004

ざっくり言って どんな教材なの?

えいごであそぼプラネットは音声、映像、おもちゃの教材を通じて、下記のことができるように設計されています。

英語を聞いて体を動かせる

  • 英語の歌やリズムに合わせて体が動かせる
  • チャンツや歌にあわせて声を出せる

簡単なやりとりが英語でできる

  • インタラクション(人とのやりとり)を楽しめる
  • ママや先生に、動作や指差しによって気持ちを伝えられる
  • 簡単な日常あいさつや基本的な表現が英語で言える

身近な単語を理解してストーリーを楽しめる

  • 絵本のお話に耳を傾け、絵を見ることができる
  • 絵本の内容について、日本語で質問したり、答えることができる
  • 絵本の内容とかかわる自分の経験について日本語でお話ができる
  • 絵本のお話を覚えていて、読み終わったあとで主人公などの絵が描ける

単語、文字への興味が育つ

  • 英単語の反復ができる
  • 歌やチャンツ、絵本の読み聞かせを聞いて、なじみのある単語を理解できる
  • チャンツや絵本にでてきた短い文の一部、あるいは文全体を反復できる
  • アルファベットに興味をもつ

詳細はこちらのページでご覧ください。

 

えいごであそぼプラネットのここがオススメ

  • 毎日テレビでみるおなじみの番組にでてくるキャラクターなので、その番組やキャラクターがそもそも好きな子どもであれば、教材を導入しやすい。
  • 番組と連動しているので使いやすい。
  • 歌、遊びで体を動かして楽しみながら英語に親しむことができる。
  • CD、DVD、絵本、絵辞書、カード、人形、36点ものアイテムがセットになっている。
  • 他の複数教材と比較すると、価格がお手ごろである。
  • えいごペンはバージョンアップし続け、現在約4,500音声が入っている。
  • ペンはコンパクトで持ち運びしやすいサイズ。

えいごであそぼプラネットのここは注意点!

  • この教材だけで英語がマスターできる、というものではない。真剣に子ども英語の教育に取り組むつもりならば補助教材が必要。
  • 内容はワンフレーズ中心で、非常にシンプル。内容が易しいので、ユーザーによっては物足りなさを感じることがある。
  • 他の教材と比較し、5〜6歳まで使うのが限界。英語を継続するならば、それ以降は別の教材か英会話教室などへ。
  • 子どもがえいごであそぼのキャラクターや番組に興味があるうちは良いが、飽きてしまった後は、継続が難しい。
  • ボキャブラリーの習得、フレーズを覚えることができても会話力にはなかなかつながらない。

お試しはできるの?

こちらから無料の はじめてあそぼDVDプレゼントが申し込めます。(クリックすると公式ページに飛びます。)

無料のトライアルを申し込んでも、勧誘の電話や訪問は一切行っていないようです。

 

教材の映像を見てみた私の感想

かわいらしいキャラクターが出てくるので、このキャラクターが好きな子どもだったらすごく食いついて、楽しんで英語に触れられると思います。

えいごぺンがすごい。連動する本やポスターおもちゃがよくできていると思います。

音が出るもの、自分の行動に対して反応があるものに赤ちゃんは非常に興味を示します。

だから、1〜2歳くらいから「えいごペン」をうまく導入できたら楽しいインプットができるようになるだろうと感じました。

難易度の高いことができるようになってほしい!という期待はせず、

英語を楽しむ、親しむ、ストレスなく続けたいというレベルならば十分満足できる教材、という印象です。

総合的に見ると価格もリーズナブルです。

 

よくあるご質問

よくあるご質問はこちらでごらんください。オフィシャルページに飛びます。

 

ツイッターの評判は?

https://twitter.com/glaesum/status/587514274651615233

https://twitter.com/noboru_34/status/289659153176215553

 

 

まとめ

参考書といえば旺文社!私も学生時代にお世話になりました。

旺文社といえば教育分野のエキスパート。

さらにNHKというコンビなら絶対期待は裏切らないだろう、という印象を持ちますよね。

以前に紹介した、ディズニー、しまじろう、WKEなどと比較して、えいごであそぼはまだマイナー教材のようです。

えいごであそぼ、という老舗番組の影響を受け、

エリックさんやキャラクターの大ファンの子どもたちにはこの教材がじわじわ浸透しているのは、

Youtubeや数あるサイト、口コミから伝わってきました。

えいごペンに似ているおもちゃを我が家でも使っていますが、随時絵本を買い足すことを考えたら、

総合的に見てお得かもしれませんね。

細かい要求かもしれませんが、編集部ブログの更新が2年近く止まっていること、

YouTubeの公式チャンネルにほとんど動画がないことは

教材を探している人にはすこ〜しマイナス要素かなと思います。

それから欲をいえば、この次につながるレベルの子ども向け教材も作ってほしいな、と思います。