要チェックポイントの3つ目は、その教材を長期間継続することができるか?です。

 

その英語教材を家庭で長期間継続できるか。

大人も子どもも、語学習得には必ず欠かせないのが「継続力」です。

継続無くしては、真の語学力を習得するのはムリです。

 

745668dac97914c8ffb6d069679af8a4_s家庭で英語育児を導入したら、

「飽きず」に長期間「継続すること」が大事なのです。

 

幼児向け英語教材を選ぶときは、

その教材が持つ「飽きない工夫」について、徹底的にチェックしてみてください。

 

幼児英語教材は、それらのほとんどが「セット教材」として販売されています。

単品で売っているものは少なく、まとめて購入したほうがお得だったり、

シリーズ物としてストーリーが継続していくものとして制作されていることも多いです。

 

「赤ちゃんが生まれてからすぐ、そして小学校に上がるまでの6年間使えます。」

そんな謳い文句を、あなたも一度はご覧になったこともあるかと思います。

 

それならば、どんな点で「子どもが飽きない」と言っているのか、

 

また、その英語教材の特徴が、我が子にも当てはまるかどうか、

 

教材選びのときにチェックポイントとして、よく見てください。

 

長期間使える=コストパフォーマンスが高いわけではありません。

 

子どもが飽きずに楽しくその英語教材を長期間使える。

and

その英語教材を使って英語が身につく。結果を出せる。

and

教材の価格が、それに見合ったコストである。

 

この三拍子が揃って、コスパが良い!と言えるのです。

今回の記事が、あなたの幼児向け英語教材選びの参考になれば幸いです。

 

1.「価格とコストパフォーマンスを確かめる」

2.「子どもが楽しいと感じるか。教材を好きかどうか」

3.「その教材は長期間継続できるか」

4.「アフターフォローと企業の対応」

5.「親のあなたが教材を好きかどうか」