<記事公開日>2012/08/06
<最終更新日>2017/09/13

「英語のカリスマが伝授する、英語上達の7ポイント」について

こんにちは!子供のための英語環境アドバイザーkaoriです。

 

先月のPRESIDENTに紹介されていた、

英語のカリスマ“杉田 敏”が伝授する 英語上達の7ポイントという記事を読んでみました。

これは「大人向けの英語上達のための記事」でしたが、

結局の所「子供の英語環境づくりにも当てはまるんだよな~」

「共通点が多いな〜」と思いながら、

頷きながら拝読いたしました。

 

杉田先生曰く、

原則は 「時間の確保」 と 「興味の持てる入り口」探し。

 

だそうです。 これは、大人も子供もまるっきり一緒ですよね!

 

 

親子の手

我が家の二人の息子達にとっては、

日本語環境を作る事が当面の課題です。

 

時間の確保&興味分野の開拓に取り組んでいます。

 

これからは英語(日本語)の時間だよ、と決めたら、

一日10分なり、20分なり、取り組める時間をつくる。

でも、私も息子も机に座ってさぁ~勉強しよう!というのが結構辛いものがあるので、

通園の道のりで10分。

お風呂に入っている時間15分。

 

こういう細切れの時間をつかって語学シャワーの環境を作るようにしています。

 

そして、興味分野の開拓についてですが、

私の息子達は男の子だけあって、

やはり車や電車、飛行機などの乗り物が大好きです。

車
ですので、日本語の絵本やテレビプログラム、

動画、アプリ、そう言ったものに非常に高い関心を示します。

 


そういう興味のあるものから自然に語学学習につなげて行く。

 

これ、飽きないためにすっごく大事なポイントだなと実感しています!

 

みなさんのおうちではどんな工夫をされていますか?


この記事では7つのポイントについて紹介されていますが、

 

具体的な内容については、次回以降で紹介いたします!

 

それでは また次回まで〜!

英語を通して子供の明るい将来を描く方法!

* indicates required
    

コメントはこちらにどうぞ

こちらにコメントをご入力ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!