<記事公開日>2015/08/16

幼児向け英語教材の選び方「絶対欠かせない5つの条件」

こんにちは。

幼児向け英語教材の購入を比較検討する際、

絶対に欠かせない選び方 5つのポイントを紹介いたします。

 

1.「価格とコストパフォーマンスを確かめる」

2.「子どもが楽しいと感じるか。教材を好きかどうか」

3.「その教材は長期間継続できるか」

4.「アフターフォローと企業の対応」

5.「親のあなたが教材を好きかどうか」

 

どのポイントにおいても、利用者の声のメリット&デメリット両方を、客観的に見ることが大切です。

 

これらは、どれか一つが欠けても、良い教材とは言えないと、私は思います。

ただ楽しいだけで、語学として身につかなければ、それは「英語に親しんだ」だけで終わってしまいます。

また、教材の内容は良かったのに、販売会社の対応がひどかった。

これもまた、教材自体の評価が下がる要因となります。

 

子どもの英語教育にお金と時間をかけるからには、使える英語をしっかり身につけ、

結果の出る教材を使いたいものです。

 

英語教材選びで陥る悩み

06e543d4e789da7f2e8d7265e3ebec2f_s複数の会社に無料の資料請求や比較検討をしていると、

どれもこれもよく見えてきたり、一体何を基準に選べば良いのかがわからなくなってくるものです。

さらにインターネットで検索を始めるともはや頭の中はカオス状態に陥ってしまいます。

無数の情報に囲まれて、ますます混乱してくるでしょう。

大切なことは、膨大な情報を目の前にしたとき、

表に出ているメリットもデメリットも、全てを鵜呑みにしないということです。

 

最終的には、親であるあなたがその教材の持つ理論に納得しているかどうか、

そして挫折せずに子どもと一緒に英語を学び続けられそうか、

これをご自身の目でしっかり見極めてくださいね。

 

結局のところは、「どんな教材を使うか」と同様かそれ以上に

継続すること」が語学を身につけることには絶対条件なのです。

それでは、一つずつ詳しく見ていきましょう。

 

1.「価格とコストパフォーマンスを確かめる」

2.「子どもが楽しいと感じるか。教材を好きかどうか」

3.「その教材は長期間継続できるか」

4.「アフターフォローと企業の対応」

5.「親のあなたが教材を好きかどうか」

 

英語を通して子供の明るい将来を描く方法!

* indicates required

こちらにコメントをご入力ください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

error: Content is protected !!